【レビュー】

「X」の高画質を多くの人々が味わえる魅惑の写真機 - 富士フイルム「X-T10」

1 まずは外観から

 
  • <<
  • <

1/4

線の細い繊細な描画による、圧倒的な解像感が魅惑のXマウントレンズの数々。発売から3年を経て20本を超えるラインナップは、富士フイルムのXシリーズを「使いたい」と思わせるもっとも大きな理由となっている。そして6月25日、最新のカメラとして「X-T10」が登場。シリーズのフラッグシップである「X-T1」の弟分的ポジションながら、性能では決してひけをとらない、いや、部分的には「超えた」とすら感じさせる、実力派のプロダクツに仕上がっている。

FUJIFILM X-T10

まずは外観から。デザインが「古い」

のっけからまるで斬り捨てたような小見出しを付けてしまったが、それはむしろ称えているのである。そもそも、タイムスリップしたかのようなレトロなボディデザインは、これまでもXシリーズのアイデンテティだったのだ。それは多くのファンから肯定的に受け入れられてきた。つまり、一般人にはもはや銀塩カメラにしか見えないX-T10もまた、ユーザーの嗜好に応える正統なデザインなのだ。

W118.4×H82.8×D40.8mmと非常にコンパクトなボディ

ボタン類の操作性は総じてよく練られている。X-T1で押しにくいと不評だった十字キーも改善された

マグネシウム合金を使用したボディ外装も、往年の銀塩カメラがそうだったように、作りの良さとひんやりした手触りを思い起こさせる。ボディカラーにはシルバーとブラックの2色が用意されるが、シルバーの方がより古めかしい雰囲気だ。きっと、発売後もシルバーモデルが人気となるだろう。実はメーカーの試用機も、シルバーのみ順番待ちだった。作例撮影においては、ブラックボディの方が被写体に写り込みにくいにも関わらず、だ。そう、みんな、古いのが大好きなのだ!

グリップは形がキレイで持ちやすい。グッタペルカ(張り革)のグリップ感もいい

トップカバーの質感、ダイヤルのローレット処理など、「これぞカメラ」というデザインが、所有する喜びを与えてくれる

この「いかにも写真機という雰囲気」あふれるデザインの方向性は、社名に「フイルム」を冠するフジだからこそ説得力があるようにも思える。少々情緒的に書くならば、Xシリーズはカメラファンにとって最後の砦なのだ。デジタルカメラは家電といわれて久しいが、それでも我々カメラ愛好家は、やはり写真機であって欲しい。銀塩文化の代名詞ともいえるフジが、このクラシカルなデザインラインを堅持してくれることは、そんな我々に心の安寧をもたらしてくれるとはいえまいか。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) まずは外観から
(2) もう少し外観を。超便利なモード切換レバーや兄貴分「X-T1」との違いも
(3) 速くなったと噂のAFは? 気になる連写は? 高感度は?
(4) 画質に関しては、今さらくどくどと語るまでもない
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー