【レポート】

「MADOSMA」はWindows Phone市場を切り拓けるか - One Windowsの実現を目指す

2 マウスがWindows Phoneを選んだ3つのポイント

2/5

マウスがWindows Phoneを選んだ理由

スマートフォン市場だけであればAndroidデバイスという選択肢もあっただろう。Windows Phoneというプラットフォームを選択した理由の1つとして「“One Windows”に強い共感を覚えた」と述べつつ、3つのポイントを紹介した。

1つめは「もっともパーソナルなスマートフォン」であること。Windows Phone 8.1が持つカスタマイズ性やライブタイルによる通知情報機能、PeopleハブによるSNS更新情報の一括管理が優れているという。

マウスコンピューターがWindows Phoneを選んだ1つめの理由。カスタマイズ性の高さを評価したという

2つめは「ビジネスに最適」とビジネスシーンでの活用や親和性の高さを取り上げた。Office系アプリケーションが安定して動作するのは、Windowsプラットフォームが一番であることは改めて述べるまでもない。企業内ネットワークに対する接続性の高さや、セキュリティの一括管理が多くのユーザーに受け入れられると小松氏は考えたという。

2つめの理由はビジネスとの親和性。今あるPC(Windows)とデータ共有も容易であることを評価している

そして3つめが「あらゆるデバイスで統一された環境を実現」できること。前述した“One Windows”はWindows 10でMicrosoftが目指すビジョンの1つだが、PCとスマートフォンで共通したUIを採用し、Microsoftアカウントによる個人データや設定の共有は大きなアドバンテージであると小松氏は説明した。

3つめの理由は「One Windows」。OneDrive経由でデータやWindows設定を共有できる点が広く受け入れられると考えたという

マウスコンピューターはマイクロサーバーから各種PC、2-in-1 PC、タブレットと多くのデバイスを手がけている。昨今ではラージスクリーンをPC化するスティック型PC「m-Stickシリーズ MS-NH1」も話題になったが、小松氏は「我々はすべての区分において製品をリリースしてきた。(ここにMADOSMAが加わることで)すべてのデバイスがシームレスにつながる世界を目指している」と述べていた。

2/5

インデックス

目次
(1) 「MADOSMA」名前の由来は?
(2) マウスがWindows Phoneを選んだ3つのポイント
(3) 保護フィルムが同梱
(4) 保証サービスにも自信
(5) 今後はファブレットも予定

人気記事

一覧

新着記事