【レビュー】

「グラボ、冷えてます! 」GALAXが日本ユーザーに贈る純白モデル - GeForce GTX 960最上位モデル"EXOC WHITE"を試す

2 冷却機構と本体基板をチェック

2/4

ファン回転停止機能を備えた白色LED付きクーラー

GPUクーラーは、ヒートパイプ3本によってGPUコアの熱をヒートシンクに分散させ、2基の86mmファンによって冷却する構造となっている。このファンは低負荷時に回転を停止する機構を備えているため、ゲームや動画再生などを行っていないときにはファンノイズを完全にゼロにすることが可能。またLEDを内蔵しており、電源を導入するとファンの根元が光るという演出も行われる。この光も、もちろん白色だ。

GPUコアの熱は、3本のヒートパイプにより大型のヒートシンクに伝えられる

GPUコアが接触する箇所には熱伝導性の高い銅製のプレートが用いられている

ヒートシンクカバーにはAPISTEKの86mmファン「GA91S2A」2つが設置されている

ファンにはLEDが内蔵されており、電源を入れると白色のランプが輝く

PCBはGALAXのオリジナル設計となっており、6層基板と4+2フェーズの電源回路によって高クロック時の発熱を抑え、安定性を高めている。GPUコアにはGeForce GTX 960であることを示す「GM206-300-A1」の刻印が確認可能。グラフィックスメモリはSamsung製の4Gbit GDDR5「K4G41325FC-HC28」で、使用されているチップもメモリクロックもGTX 980やGTX 970と同じだ。

GPUクーラーを外したところ。4+2フェーズの電源回路が搭載されていることがわかる

バックプレートを外したところ。表・裏それぞれにメモリの実装パターンの空きが見える

「GM206-300-A1」と記載されたGPUコアによって、本モデルがGeForce GTX 960であることがわかる

グラフィックスメモリはGeForce GTX970/980と同じSamsung製のGDDR5「K4G41325FC-HC28」だ

ファンの回転が停止するタイミングとファンノイズ

ベンチマークテストを始める前に、EXOC WHITEのファンの動作について調べておこう。GeForce GTX 960の世代から、各社が積極的にファン回転停止機能を備えたグラフィックスカードを発売している。GALAXのEXOC WHITEも他のセミファンレスタイプ同様、一定の温度や負荷を下回る際にはファンを停止させ、一定の温度以上に上がった場合に動作を始める仕様となっている。

停止状態からどれほどの温度で動作するかを実際に確認したところ、ファンが動き出す温度はどうやら50度ほどということが分かった。停止条件ははっきりと断言できないが、50度を下回った状態が5分ほど続くと停止するのではないかと思われる。もちろん、回転数が落ちてもファンは常時回っていてほしいというユーザーもいるだろう。そんな時は同社のユーティリティソフト「XTREME TUNER PLUS」などを利用して、ファンの回転数をカスタマイズしよう。

「HWMonitor」で確認したファンの回転数。温度が低い状態では完全停止状態"0 RPM"となっている

ファイナルファンタジーXIVベンチマークを3周ほど回した状態の温度状況。負荷が高くとも概ね70度前後で推移する

またファンノイズについては、負荷の高いゲームをプレイした際の温度となる70度前後では回転数は2500RPMほどになったが、耳に着く騒音と感じることはほぼないと思っていいだろう。実際にはCPUのリファレンスクーラーよりも静かで、そちらの音にかき消されてしまうためだ。ただし、「FurMark」などを利用して意図的に高負荷を掛けると75度前後から回転数が上がり始め、80度で3500RPMほどに達する。ここまで回転数が上がるとさすがに風切り音が聞こえてくる。今回は一般住宅における計測であるため厳密ではないが、簡易騒音計で動作音を測定してみたので、参考にして欲しい。

検証環境となるPCを起動する前の状態では、32~33dB程度

起動すると、CPUファンの音によって38~39dB程度まで上昇する。EXOC WHITEのファンは停止したまま

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」ベンチマーク動作中は、40~41dB前後

「FurMark」を利用して、実際のゲームで有り得ない負荷を無理やりかけると、41~43dB程度になった

ファンの音よりもむしろ気になるのは、GTX 9xxシリーズにおいて特定のベンチマークなどを動作させた際に発生するコイル鳴きの音だろう。本機も例外ではなく、ベンチマークによっては他のGeForce GTX 960同様、コイル鳴きが聞こえてくる。実際のゲーム中はほとんど聞こえず、かつPCケースに収納して使用するため問題ないと思うが、これはどのGeForce GTX 960でも起こり得る問題。気になる方はデモ機などで音を聞いてみてほしい。

2/4

インデックス

目次
(1) 静粛性を重視のクーラーを搭載した白づくめのGTX 960
(2) 冷却機構と本体基板をチェック
(3) 各種ベンチマークで見るEXOC WHITEの実力
(4) FF14: 蒼天のイシュガルドでの動作を確認
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事