【レポート】

羽生結弦はなぜあれほど女性に人気があるのか、顔の専門家に聞いてみた

池袋絵意知  [2015/06/10]

羽生結弦選手

女子に絶大な人気を誇るアスリートといえば、フィギュアスケート男子でソチ冬季五輪金メダリストの羽生結弦選手。あれほどまでに女性の心を惹きつけるのはなぜなのか。今回は"顔"に焦点を当てて、顔面評論家の池袋絵意知さんにその理由を聞いてみた。

* * * * *

真顔でも笑顔のように見える顔「えがお顔」

一番の理由は、「えがお顔」にあります。「えがお顔」とは「真顔でも笑顔のように見える顔」で、口を結んだ状態でも口角が自然に上がっていて、目線はしっかりと前を見据えた目も口も半笑いのような顔。これは"出世する顔"の特徴で、今と将来が同時に見えている状態です。

「ニワトリが先か、タマゴが先か」という言葉があるように、顔と現象も「顔が先か、運命が先か」で「いいことが起こったから笑顔になる」のはもちろん「笑顔だからいいことが起こる」ものなのです。笑顔になることで幸福がやってきて、幸せになるのがわかっているから微笑みがあるのです。

自分の運命を自分で創ってきてこれからも創る人の顔。この余裕のある微笑みが、万人、特に女性から人気がある秘密です。

笑った時のチャーミングさが抜群

真顔でも笑顔のように見える羽生選手ですが、笑った時のチャーミングさが芸能人や他のスポーツ選手を含むあらゆる男性有名人の中でも群を抜いています。口元は口角が上がって上の歯がたくさん見えて下の歯は見えない理想的な笑顔。老若男女から好印象を得るスマイルです。

また、競技が終わった直後のまだ息があがって口が閉じていない笑顔も魅力的。舌が見えるような笑顔は子供っぽい印象を与えるのですが、羽生選手の頭が大きくてアゴが細めの"かわいい"輪郭とも相まって、母性本能をくすぐられるキュートな顔になっています。

「人から好かれる笑顔」

笑顔でいいのは口だけではありません。笑うと目がなくなる表情も好印象の笑顔です。笑顔になるさまを「目を細める」というように、目が細く線のようになったほうが笑顔が伝わりやすく、人から好かれる笑顔なのです。

時に貴公子のように、時に子どものように変わる表情

競技中の真剣な顔とのギャップも人気の秘密。いざ、競技が始まると一直線に上がった凛々しい眉がさらに上がり、細く切れ上がった鋭い目が鬼のような形相になり、口はキリッと引き締まった"サムライ顔"になるのです。時に遠くを見つめる貴公子のように、時に瞳の奥までキラキラと輝いた子供のように、いろんな表情を見せるのも人を惹きつける理由。

細身で肌がきめ細かい中性的なルックスですが、鼻は大きくて肉付きがよく、しっかりしていて男性的です。ジャニーズのアイドルと同じで全体的にはかわいくても、鼻が男っぽいからこそ女性に人気があるのでしょう。

<著者プロフィール>
池袋 絵意知(いけぶくろ・えいち)
観相家、顔研究家、顔面評論家。出版社と人材総合サービスで営業を経験した後、顔研究の道に。古来からの観相学だけでなく、自然人類学や心理学の研究を取り入れるなど多角的な方面から顔を研究し、独自の顔面観相術「ふくろう流観相学」を確立する。著書に『顔面仕事術』『最強モテ顔講座』など。 顔相鑑定士&顔研究家&顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ
http://blog.ikebukuroh.com/

特別企画 PR

人気記事

一覧

2016年5月28日の運勢

イチオシ記事

新着記事

『とんかつDJアゲ太郎』、第8話場面写公開! ゲストにサイトウ"JxJx"ジュン
[07:00 5/28] ホビー
アンミカ「共演者に塩をかける」有吉弘行「黒魔術みたい」とバッサリ
[06:00 5/28] エンタメ
『世にも奇妙な物語'16春の特別編』心揺さぶる4作品を紹介
[06:00 5/28] エンタメ
石川祐希の活躍に期待!五輪出場を目指しアジアのライバル中国と対戦
[06:00 5/28] エンタメ
要潤、人形のように美しい顔の役に「どう思うかは皆さん次第です」
[06:00 5/28] エンタメ

特別企画 PR