【レポート】

結婚するためにやめるべき悪習慣3つ

これまでに結婚に関する相談を数千件も受けてきました。相談の細かなシチュエーションは、その時々や世相を反映して少しずつ変化しますが、相談者が抱える悩みや不安の本質はとても普遍的です。

悩みや不安の本質が普遍的であるのなら、結婚を成就させるための方法も普遍的なはずです。私が説くその方法とは、これだけは「やめるべき悪習慣」です。これらの習慣を改めることができれば、婚期はおのずと近づいてきます。

1.こだわりの数を増やさない

相手に課する「こだわり=条件」を増やすことは即刻やめるべきです。相手に求める条件として、「学歴」「年収」「容姿」「家庭環境」等々を掲げるのはもっともですが、条件を増やすごとに選択肢の数は減っていきます。

条件を増やし過ぎてしまい、理想の相手と巡り合う確率が、それこそ天文学的な数値になっている人も多く見受けられます。「これだけは譲れない」という条件だけは残し、相手に課する条件の規制緩和を行うべきです。

2.自分を過大評価しない

自分の価値を過大評価するのはやめるべきです。価値を過大評価するばかりに、相手に求める条件が厳しくなります。市場経済の原理を考えてみてください。商品に対して適正な価格が付けられているのであれば、そこには必ず購入者が現れます。

価値に見合わない法外な価格で販売されている商品は「売れ残る」ものです。自分の能力や才能など、自身を適正に判断し自己評価できれば、相手に求める条件も減らすことができます。

3.女友達と会う機会を減らす

本音を言い合うことができ、愚痴を聞いてくれる友達は必要なものです。しかし、自分の周囲を客観的に見渡してみると、そんな同類の未婚者ばかりではありませんか? 愚痴を言い合うことができ、お互いの傷をなめ合うことで、シンパシーを感じている女友達がいるうちは結婚できません。

同類の女友達と会う機会を減らし、自分で自分を見つめ直す時間を持ちましょう。同類の女友達と時間を浪費しているうちは結婚できません。

上記の内容に少しでも身に覚えがある人は耳が痛いことだと思います。しかし、これらの悪習慣を改めることができなければ、結婚は夢のままで終わってしまいます。言われて「耳が痛い」こととは、無意識に自分自身でも気付いている場合が多いものです。

日々の習慣を改めるためには多少の痛みや覚悟が伴います。しかし、その苦しみの先には、新たな世界が確実に広がっているのだということを心にとどめておくべきです。

執筆者プロフィール : 坂田 陽子(さかた ようこ)

福岡県生まれ。20代の半ばから恋愛問題や夫婦問題に関するカウンセリングを開始する。寄せられる相談件数は年間1万件以上にも上る。多くの案件を解決した経験から独自の恋愛論を展開し、各メディアで人気に。これらの経験を活かし、結婚相談所「ブライダルジャパン」と、出逢いのための社会人サークル「東京アクティビティ」を手掛ける。最近では、後進育成のための「恋愛アナリスト・婚活アナリスト実践養成講座」も主宰している。

坂田陽子の結婚相談所「ブライダルジャパン」

人気記事

一覧

2017年11月19日の運勢

イチオシ記事

新着記事