【インタビュー】

新ブラウザ「Vivaldi」の挑戦 - 狙うは1000万のOpera 12ユーザ

1 「ユーザが満足するブラウザを作りたい」がきっかけ

  • <<
  • <

1/2

レンダリングエンジンが切り替わる前のOpera 12ユーザが、今でも推定で1,000万人ほどいるとされている。しかし、OperaのPrestoレンダリングエンジンはメンテナンスされていないし、Opera 12で閲覧できないページは増える一方だ。そこに、颯爽と現れたのが元Opera CEO ヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏が率いる新ブラウザ「Vivaldi」だ。今回、Vivaldiの共同創業者兼COOを務める冨田龍起氏にVivaldi開発の裏舞台について話を聞いた。

Vivaldi 共同創業者兼COO 冨田龍起氏

我々ならユーザが満足するものを作ることができる

後藤: GoogleのChromeやFirefoxなど、成熟したブラウザがいくつもある現在、ブラウザ開発の市場に参入するのは難しいと思うのですが、「この市場で勝てる」という結論に至った理由をお願いします。

冨田氏: 1年程前、ヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー(元Opera Software CEOで、現在VivaldiのCEOを務める)がシリコンバレーに来ることがあり、「ビールでも飲むか」という話になりました。その時、ブラウザの話で盛り上がり、当時、僕はまだ前の会社を辞めていなかったのですが、彼が会社を立ち上げるなら「そっちいくよ」という話になったわけです。

今回、「こういうマーケットにこういうプロダクトを出したらこれくらいのユーザを確保できて収益ができる」という議論からはスタートしていません。もっと"エモーショナル"な理由と言いましょうか。Operaは最新のバージョンが29なのですが、今でも最も古いバージョンの12を使い続けているユーザーが推定で1000万人いるんですね。つまり、新しいOperaに満足していないユーザーが1000万人もいるのに、誰もそれに応えることができないでいる。Operaを開発してきた身としては、我々ならそれができるんじゃないかと思ったわけです。

後藤: いいですね、その「ユーザが満足できるものを作るんだ」といういう考え方。

冨田氏: また、スタートアップの会社がいきなり100万人のユーザを獲得するって、なかなか大変じゃないですか。それが、Opera 12を使っている1000万人うち、500万人でもVivaldiを使ってくれれば、スタートアップとしては充分です。

後藤: なるほど。それでは、どのような方法で収益を得ようと考えていますか?

冨田氏: ブラウザの収益モデルは基本的に検索エンジンとのシェアが一番大きな柱になりますので、まずはそこを押さえる必要があります。あとは、eコマース系のサイトとのシェアですね。ユーザ数が見えてくれば収益も想定できますし、いいモノを作ってユーザがついてくれればユーザ数で収益を見通すことができるので、実はあまり心配してないです。

これは後付けで言ってることなんですが、今のブラウザに満足していないユーザを何とかしたいというエモーショナルな理由が第一です。ユーザが満足する、よいブラウザを作ることが最優先課題です。

テッツナー氏が使えるメーラがない!?

後藤: 確かにここ1、2年、情報ジャンキーとしてはデスクトップ向けのOperaはあまり面白くないんですよね。4、5年前のOperaにはワクワク感があったというか、「一番最初にはっちゃけてくれるだろう、このブラウザは」みたいな期待感が常にありましたが、Chromeが出始めた辺りから、どんどん保守的になっていった感じがするんですよ。それはユーザも望んでいなくて、"海を渡る気合いを見せてくれる"CEOがいるほうがおもしろかったんです。そして、新たに登場したVivaldiにはあの時と同じ香りがするぞと感じました。

CEOはメールクライアントを付けると公言していますが、今の主要なブラウザはメールの機能を外すところからスタートしています。競合の動きに逆行して、メールクライアントを付けることにした理由は何でしょうか?

冨田氏: バージョン1を出す時に、まずはOpera 12に入っている機能は全部入れようと考えました。それだけだとOpera 12を再現しただけなので面白くないのですが、Operaの時とは開発リソースの量が違いすぎるため、すべての機能は実装できませんでした。でも、「やる」ってことは宣言しておかないと。今、Opera 12を使いながら現状に不満を持ち続けているユーザに、「Vivaldiはあの時のOperaの熱い感じを再現するんだ」っていうことを訴えかけるには、メール機能を付けることのは結構重要なんじゃないかと思ったんですね。テッツナーも「使えるメーラがない」と言っており、いまだにOperaのメーラを使ってるみたいなんですが、「俺がメール機能が重要と思うなら、ほかにも重要だと思う人はいるはずだ」と言っています。

Vivaldi CEO ヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナー氏

メールクライアントってビジネスにならなくなってるじゃないですか。だから、本気でメールクライアントを開発している人がいないんですよね。一方、メールを大量に処理する人が増えている今、大量なデータを高速に処理できるメールクライアントが求められています。我々みたいな小さなスタートアップがブラウザもメールクライアントも作ることができるのかという議論はあったんですが、「やっぱりやる」と宣言しなきゃということになりました。実際、Opera 12のユーザからは「メールクライアントをつけてくれれば完全に乗り換えられるんだけど」と言われることは多いです。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「ユーザが満足するブラウザを作りたい」がきっかけ
(2) デザインでChromeとは差別化を図る
関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報