【レビュー】

こんなのを待っていた! iPhone 6を全面カバーする3Dガラスフィルム「imos SolidEX 3D film」

昨年末ぐらいからか、iPhone6のガラスフィルム業界で密かに話題を集めていた製品があった。それがこの「imos SolidEX Corning 3D film for iPhone 6 」だ。

これは世界初の曲面処理を施したガラスフィルム。実はiPhone 6はガラス部分が湾曲しているために、構造上、ガラスのフラット部分のみを覆うフィルムやガラスフィルムがほとんどだった。そのためフィルム部分が表面に対して「寸足らず」なものが多かったのだ。

しかし、この「imos SolidEX Corning 3D film for iPhone 6 」はiPhone 6全面のギリギリまで覆うフルカバータイプ。さらにエッジ部分に3D熱加工を施すことでiPhone 6のラウンドフォルムに沿った一体感のあるデザインとなっている。

フィルムは貼りたいけど見栄えの悪い寸足らずフィルムしか選択肢のなかったフィルマーにとっては、ようやく画面全体を覆うガラスフィルムの登場ということで、「遂に来たか」と密かに盛り上がっていたのだ。

個人的にもこの3Dガラスフィルムの登場を心待ちにしていた。というのも新しいiPhoneに買い換えるたびに悩まされるのがアクセサリー問題である。機種変したその日から、美しいiPhoneを守るためにどんなケースを着けようか悩まされる。機種変してからケースを付けるまでに裸で持ち歩くの怖いよね症候群なのである。

でも本当は自分だって裸族で行きたいのだ。裸族と言っても夜な夜な裸でヒャッハーしている人たちのことではない。スマホにケースもフィルムを着けず、裸で持ち歩く男気のある人たちのことだ。ジョブズもiPhoneをケースに入れられることを毛嫌いしていたこともあり、iPhone 3Gのころからずっと憧れていた。そして昨年iPhone 6を発売日に購入してわずか2カ月後に事故が起きた。

これである。たった一回落としただけで割れてしまったのである。いや、裸族でいきたいとは思ってたけどやはり勇気がなく、iPhone純正のケースをつけていたことは認めよう。それでもこのザマである。ケース着けててもこれなのに、裸族なんてなおさら無理。

前回前々回のレビューでは、ケースでも守りきれないこの部分をデンジャラスゾーン、通称・Dゾーンと名付け、その対応策として2種類のケースとバンパーを紹介した。

このバンパー&ケースとは違うアプローチで、このDゾーンを守りぬくことはできないものか? そんな自分の気持ちを汲み取ったかのように、同じ販売代理店であるウルスが取り扱いを始めたのが冒頭の「imos SolidEX Corning 3D film for iPhone 6 」だ。iPhone 6用iPhone 6 Plus用の2種が用意されており、価格はiPhone 6用が7,980円、iPhone 6 Plus用が8,980円となっている。

世界初の3Dフィット加工

世界初の曲面処理3Dガラスといったいどのようなものか? その前にこれまでのフィルム形状の歴史をおさらいしよう。

2Dタイプ

iPhone6の表面ガラスはカーブしているため、カーブ手前までをカバーするタイプ。液晶全体をカバーできず、Dゾーンもがら空き。

2.5Dタイプ

「曲面対応」と銘打っているものもあるが、カーブ部分の上に乗っかかっているだけでで隙間が開いている。スワイプがしづらく、隙間にホコリもつきやすい。

3Dタイプ←いまココ

3D加工でカーブ部分に完全にフィットし、Dゾーンもガード。液晶のほぼ全体をカバーしている。

左が2.5Dタイプ。擬似3Dタイプとも言われる。隙間部分にホコリや気泡が入りやすく、また、はみ出た部分が割れやすい構造となっている

パッケージはボックス型で開けるとちょっとした本のようになっている。ガラスフィルムの場合、発送される時にガラスが割れるという事故も聞くため、この作りは頼もしい

梱包物はマイクロファイバークロス、アルコールシート、ホコリ除去シート、液晶ガラス本体、ホームリング、ホームボタン&カメラレンズ保護フィルム

液晶ガラスフィルムというより、まるで液晶パネル部品そのもののような出来栄え。素材はプラスチックの数十倍の強度を誇る、ゴリラガラス。通常のガラスよりも透明度も高い

確かにエッジ部分が丸みを帯びた加工がされている。カーブドエッジに反射する光沢も、iPhone 6そのものが放つものとそっくりだ

パネル部分のカラーはブラックとホワイトの二色あり、リングの色は3色から選べる。ブラックモデルを購入した人が、気軽にホワイトに衣替えといった使い方もできそう

さっそく装着、がしかし

これまで裸族ではなかった大きな理由を1つ忘れていた。それが自分は不器用なのだ。高倉健さんぐらいに「自分、不器用ですから」と言えればいいけど、フィルム貼りの不器用は致命的。ホコリは入るわ、気泡は入るわ、これまでなんども未使用の失敗フィルムを量産してきたことか。というわけで今回は以下の動画でみっちり予習(パッケージに参照用で入っているQRコード動画より、こちらのほうがわかりやすい)。男の人ってなぜか説明書を読まずにゲームとかやりたがるけど、今回ばかりはちゃんと見ることにする。だって自分、不器用ですから。

そうか、セロテープを使えばいいのか! いつも目測で貼っていたフィルム貼りがこんなにも簡単にできるなんて。このやり方に加え、念には念を入れてお風呂場でフィルム貼りに挑戦。

適度な湿度があり、ホコリが立たない風呂場なら安心。作業はもちろん裸でやる。あれほど裸族に憧れていた自分が、まさかほんとの意味で裸族になるなんて。ヒャッハー。それにしても、こういう工作をするときに、NHKの「できるかな」の唄を口ずさんでしまう自分が古臭い

というわけで恐る恐る試してできた結果がコレ。

凛とした佇まいを見せるiPhone 6。しかしよく見るとその表面には薄くて美しいガラスを一枚身にまとっている。気泡もホコリもなく、「自分、不器用ですから」な自分としてはけっこう満足できる張りっぷり

自分でも境目がわからないぐらい一体化したガラスフィルム。女性的なiPhoneの丸みを帯びたデザインを壊すことなく、優しく包み込んでいるよう

真横から見ると一枚のガラス板が乗っかっているのがわかる

ガラスフィルムを貼るとその厚みのためにホームボタン周りが深く押しづらい傾向になるものが多かったが、この「SolidEX」にはホームリングが付いているため操作感も変わらず。Touch IDも動作した

強くて美しい、でも弱点もある

これまで寸足らずなフィルムを妥協して使っていた人にとっては、見た目も使い勝手も大きく変わるのがわかるだろう。液晶の端からスワイプで指がひっかかることもなく、見た目の残念感もない。

一度でもガラスフィルムを使ったことのある人ならわかると思うが、その透明度とタッチ感はもう二度と普通のフィルムには戻れないほどの体験がある。これまでこの「SolidEX」をガラスフィルムと紹介してきたが、これはフィルムではなく、一枚のガラスそのもの。フィルムのようにペラペラのものでもなく、液晶の上で一枚違うマテリアルを触っている感もない。本物のiPhoneの液晶をタッチしているのと同じ感覚、同じ見え方で操作できるのだ。

もともとiPhone 6の液晶素材はゴリラガラスのため、その上にさらにゴリラガラスで守るという強固な二重ゴリラ体制(ちなみに動物のゴリラの正式名称はゴリラ・ゴリラらしい)。とにかく、もともと強固な液晶であるはずのiPhone 6ではあるが、ちょっと打ちどころが悪いだけで、特にDゾーンから直接地面に落ちるだけですぐに破損する可能性もある。そんなときに身代わりとなってくれるのがこの保護ガラスの役割だ。

しかしながら、弱点もある。「SolidEX」の曲面加工は、0コンマ以下のミリ単位のサイズで調整されていることもあり、貼るときのちょっとしたミスで大きくズレこんでしまうことがあるのだ。また液晶画面以外の上下の接着力がありすぎて、一度貼ると貼り直しがきかないぐらい(割れる危険性も)強力なものとなっている。

ただその弱点があってもなお、着けてみた時の感動は大きい。もはや液晶の上にフィルムを貼るというよりは、iPhoneの部品をひとつ付け足して、安全を買うという感覚に近い。なによりこれまで見た目がアレでガラスフィルムに手を出せなかった人や、妥協して仮のものを使っていた人にとっての「本命」がやっときたという感じだ。

限りなく裸族に近い、デザイン重視の方に

宝石のように美しいiPhone 6は何も着けずに使いたいと思う一方で、宝石のように美しいiPhoneを1ミリも傷つけたくない。そんなジレンマを抱えた人も多いはず。

この3Dガラスフィルムなら、iPhoneのセクシーさをスポイルすることなく、その上、Dゾーンを守りぬくこともできる。もちろんこの「imos SolidEX Corning 3D film for iPhone 6 」を着けたからといって、iPhoneが絶対に割れないという保証はない。ただ美しいiPhoneを、美しさを損なわず、美しく守りたい、そんな欲張りな願望を叶えてくれるのがこの「imos SolidEX Corning 3D film for iPhone 6 」だ。

最後にもう一つ、この3Dガラスフィルムに大きな可能性を感じたこととして、Apple Watchの存在がある。Apple Watchも当然ながら曲面液晶ガラスのため、こういった3Dガラスフィルムの需要が期待される。特にスポーツモデルはほかのサファイアガラスと比べて耐久性が不安視されているため、なにかしらのアクセサリーを着ける人が多いだろう。iPhoneと違って、Apple Watchこそは裸族でと思ってるため、SolidEX のApple Watch版が欲しくてたまらなくなっている。

人気記事

一覧

新着記事