【ハウツー】

据え置きルーターとモバイルルーターの違いとは? - Wi-Fiルーターの選び方(第1回)

2 それぞれのルーターのメリットは?

2/6

「据え置きタイプ」のメリット

それぞれのタイプのメリットをチェックしていこう。据え置きタイプのルーターは種類が豊富で、大きなアンテナを持った強力なタイプから、旅行に携帯できるようなコンパクトサイズまで多種多彩なモデルから選べるのがメリットだ。一般に性能や処理能力も高く、同時接続台数も一般的に10台以上は確保されている。

「据え置きタイプ」のWi-Fiルーターイメージ

「モバイルタイプ」のメリット

モバイルルーターのメリットは、やはりそのコンパクトさと、バッテリーを内蔵し、電波さえ届けばどこでも使える利便性の高さだ。一方、本体が小さいことからアンテナも小さく、電波の感度が低かったり、到達する距離が短いことが多い。また、処理能力が低いことから、同時に接続できる台数が5台程度に抑えられていることもある。

「モバイルタイプ」の無線LANルーターイメージ

屋外でネットに接続したいならモバイルルーターの出番だが、最近ならスマートフォンのテザリングを使うという手もある。自宅での利用が多い場合は固定回線を契約し、据え置きルーターを使ったほうが、パフォーマンス的にも満足できるだろう。

ひとくちにWi-Fiルーターといっても実に様々な種類があるということがお分かりいただけただろうか。では、具体的にどんな製品を選べばいいのか、簡単に紹介していこう。

2/6

インデックス

目次
(1) Wi-Fiルーターには2種類存在
(2) それぞれのルーターのメリットは?
(3) 高いルーターと安いルーターの差は?
(4) ルーターの速度を活かすためには、子機側のスペックも重要
(5) 設定方法はルーターによって違う
(6) 結局オススメはどっち?

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事