【レポート】

学習院大学の学食にも"メガ盛り"が! 学生が待ち望んだメニューはこれだ!!

 

一部の大学で提供されている"メガ盛り"の学食メニュー。その大学の名物となっていることも多いが、近年になって登場した気鋭の"メガ盛り"学食メニューもある。皇族の学び舎(や)として知られる学習院大学にも、約1年前に同校初の"メガ盛り"メニューが登場。気になるその全容を確かめてきた。

学生食堂がある学習院大学「輔仁会館」(写真は2014年4月のもの)

カレーはしっかり本格派

学習院大学はJR目白駅の目と鼻の先、歩いて30秒ほどの場所にある。同校「輔仁会館」内の学生食堂は、2014年4月に内装を新たにしたばかりとのこと。白を基調にした清潔感のある雰囲気だ。

学生食堂は2014年4月に内装をリニューアル(写真は2014年4月のもの)

こちらで提供している"メガ盛り"メニューが「メガ盛りカレー」(520円)だ。大き目の皿にたっぷりと盛り付けられており、トレーを持つとずっしりと重みを感じる。ライスは約500g、カレールーは同店のMサイズのカレー2杯分が入っているという。

「メガ盛りカレー」(520円)

iPhone 6との大きさ比較

食べてみると、カレールーは旨みと深みをしっかりと感じる本格的な味わい。辛さは抑え目で、大きめにカットされたニンジンやタマネギ、豚肉など具のボリュームも申し分ない。

同学食の店長・小原隆博氏によると、「ルーには独自にブレンドした調味料を加えています」とのこと。学習院ならではの隠し味が効いた味わいなのだ。

ちなみにこの「メガ盛りカレー」、カツ(120円)をトッピングすることでさらなるボリュームアップを図ることもできる。サクサクの衣で食感にアクセントが生まれ、最後まで飽きることなく食べられた。

カツ(120円)トッピングでさらにボリュームアップ!

学生と学食の距離が近い!

同メニューの提供は約1年前から始まった。小原氏によると、そのきっかけは運動部の学生からの要望だったという。もともとカレーライスはS・M・Lの3サイズで展開していたが、おなかをすかせた運動部の学生からは「Lでも足りない」という声も聞かれ、"メガ盛り"の開発に踏み切ったという。

同メニューは1日5食ほどがオーダーされるそうだが、同校で運動部の試合がある日にはもっと多くなるという。試合に来た他校の学生が"メガ盛り"にひかれてオーダーするのだ。同校における"メガ盛り"の歴史は古くはないが、早くも人気を集め始めている様子。

また、学生からの要望を反映させたメニューは「メガ盛りカレー」だけにとどまらない。同校の学食では学生とコラボレーションしたメニューも企画・販売しており、同校の国際協力団体「Anchor」の学生が考案したメニュー「TABLE FOR TWO」シリーズはその代表格だ。

「TABLE FOR TWO」はTABLE FOR TWO Internationalが主催しているプログラムで、同プログラムの対象となるメニュー1食の購入につき20円(学校給食1食分)が発展途上国の子どもたちに寄付されるという取り組み。学習院大学での対象メニューは「Anchor」の学生が考案しており、授業期間中の半月に1度、オリジナルのメニューが企画・販売されている。

「TABLE FOR TWO」プログラムの「クリスマスメニュー」(430円・2014年12月15日~22日に提供)

学生との距離が近く、柔軟な姿勢を持った学習院大学の学生食堂。学内の"メガ盛り"好きが声を上げれば、次なる"メガ盛り"メニューも生まれるかもしれない。

※価格は全て税込。記事中の情報・価格は2015年2月取材時のもの

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる
[09:49 7/1] 企業IT
働く既婚男女が「仕事着」にかける金額は?
[09:47 7/1] マネー
【特別企画】またもや企業から個人情報大量流出…原因は標的型攻撃?
[09:30 7/1] 企業IT
【コラム】Windows 10ミニTips 第95回 デスクトップのアイコンサイズを変更する
[09:01 7/1] パソコン
[ジュード・ロウ]小栗旬の桃太郎CMに出演へ
[09:00 7/1] エンタメ