【レビュー】

3波9チャンネルの全録が可能になった、東芝の新レグザサーバー「DBR-M590」

1 6TB HDDに15日分を録りためる

  • <<
  • <

1/3

放送されている全ての番組を一時録画する全録マシン。全録マシンのユーザーになると、それまでとはまったく違ったテレビ視聴のスタイルを手に入れることになる。ここで紹介する「レグザサーバー DBR-M590」は、全録マシンの代表といえる最新モデルだ。

「DBR-M590」

DBR-M590は9基のチューナーを搭載した全録マシンだ。チューナーはいずれも3波対応。地上デジタル放送だけでなく、BSデジタル放送や110度CSデジタル放送も、タイムシフトマシン機能によって全録できる。9基のチューナー全てをタイムシフトマシン用に使ってもよいが、そのうち3基までを通常の録画用に割り当てることも可能だ。

「過去番組表」。ここでは7チャンネルをタイムシフトマシンに、2チャンネルを通常録画用に設定している

内蔵HDDは2TB×3、計6TBの構成となっている。内蔵HDDだけで最大9チャンネルを15日分、録りためられる。また、別途USB HDDを接続してタイムシフトマシン用に利用することもできる。

フロントパネルを開けると、miniB-CASスロットが3基装備されている。1枚あたり何局の受信まで許容できるかは、現在のところ明確な定義はないが、DBR-M590では、1枚あたり3局の放送の受信に対応していることになる。なお、有料放送の場合、1枚のB-CASカードごとに1契約となるので、どのような組み合わせでチューナーを割り当てるのかを事前に練っておくといいだろう。

miniB-CASカードが3枚使用されている

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 6TB HDDに15日分を録りためる
(2) 「タイムシフトリンク」や「ざんまいプレイ」
(3) 宅内・宅外を問わずストリーミング再生が可能
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事