【レポート】

Macの「写真」アプリによってiCloudフォトライブラリが完成? - 「写真」アプリの登場で写真管理が変わる

1 「iPhoto」「Aperture」に変わり「写真」アプリが登場

  • <<
  • <

1/3

まもなく登場する予定のOS X 10.10.3では、これまで使われてきたアルバムアプリ「iPhoto」や「Aperture」に変わり、「写真」(Photos)というアプリが使われるようになる。iPhotoから「写真」に変わると、Macユーザーにとって、iPhoneやiPadとの写真連携はどのように変わるのだろうか?

iPhotoから「写真」へ

これまでMacで使われてきた「iPhoto」は、2002年1月に最初のバージョンが公開されたアルバムアプリだ。デジカメを接続して写真を取り込むほか、アルバムやカレンダーを作成したり、iCloudやFlickrなどのオンラインアルバムサービスとの同期機能が提供されていた。

「iPhoto」最新版のiPhotoはバージョン9.6.1。プロ~ハイアマチュア向けのRAW現像アプリ「Aperture」もクラウド同期に関してはほぼ同様の機能を持つ

昨年6月の開発者向けイベント「WWDC 2014」で、iPhotoとApertureが廃止され、iOSと同じ「写真」アプリが提供されることが発表されていたが、以来約8ヶ月、音沙汰がないままだった。2月になり、ようやく「春提供」という情報が公開され、開発中のOS X 10.10.3のパブリックベータ版に「写真」アプリが搭載された。現在公開されている情報から、iPhotoから「写真」への移行で何が変わるのかを見ていこう。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 「iPhoto」「Aperture」に変わり「写真」アプリが登場
(2) 機能的には大きな変更点なし
(3) iCloudフォトライブラリの完成形とは?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事