【レビュー】

NVIDIA GeForce GTX TITAN Xを試す - Maxwell世代の新フラグシップGPUの実力を探る

1 MaxwellアーキテクチャベースのGM200コアを採用

  • <<
  • <

1/16

米NVIDIAは17日(現地時間)、米国・サンノゼで開催されているGPU Technology Conference 2015(GTC 2015)において、デスクトップ向けGPUのフラグシップモデル「GeForce GTX TITAN X」を正式に発表した。

GeForce GTX TITAN Xそのもののは、2015年3月4日に行われたGame Developers Conference 2015(GDC 2015)の基調講演の中で、ゲストとして招かれたNVIDIAのJen-Hsun Huang CEOが発表していたが、この時は性能の一端をうかがわせた程度で、GTC 2015が公式発表の場ということになる。

早速だが、GeForce GTX TITAN Xについて、概略と簡単な製品説明、そしてベンチマークテストによるパフォーマンス評価をメインに紹介したい(Photo01)。

NVIDIA GeForce GTX GTX TITAN X

CUDAコア3,072基のGM200コアを搭載

GeForce GTX TITAN Xには、第2世代Maxwellアーキテクチャをベースとした「GM200」というコアを搭載する。CUDA Coreは3,072基になり、これに192基のテクスチャユニットが組み合わされる。コア内部には3MBの共有L2キャッシュと96基のROPも搭載される(Photo02)。

Photo02:GM200のブロック図。CUDAクラスタが6つに増えているのがわかる

メモリは384bitのGDDR5 7GHzで、帯域は336.5GB/secに及ぶ。搭載メモリ量は12GBとなっている。ざっくり言えば、GeForce GTX 970/980に利用されたGM204をそのまま1.5倍の規模に拡大した構成、というあたりであろうか。

このほかのスペックはこちら(Photo03)。同社としてはGeForce GTX TITAN Xを4K解像度でのゲームプレイ、あるいは次世代のDirectX 12対応ゲームに最適としており、RADEON R9 290Xとの比較(Photo04)や、SLI構成での性能の伸び方(Photo05)をアピールする。

Photo03:Reference Boardのスペック一覧。TDPは250Wに抑えられている

Photo04:4K解像度におけるR9 290Xとの比較では、GeForce GTX TITAN Xの方がおおむね30~50%高速としている

Photo05:SLIにすることで50~80%更に高速になるという話である。まぁ4KならSLIのオーバーヘッドはあまり考えなくて良いから、このくらい伸びるのは不思議ではない

さすがに今回GeForce GTX TITAN Xは1枚しか借用できなかったので、SLI環境の評価は不可能だが、単体カードとしての性能評価は後ほど詳しく見てみたいと思う。

さて実際のカードを見てみよう。従来のTITAN系との大きな相違は外見の色で、従来のシルバーから黒ベースに切り替わった(Photo06)。裏面はGeForce GTX系列でおなじみのものであるが、GeForce GTX 980にあった背面カバーは廃されている(Photo07)。

Photo06:表面はつや消しで、梨地肌となっている

Photo07:384bit幅でしかも12GBということで、裏面にもGDDR5チップが配されているのが分かる

ただ違うのは主に色だけであって、カバーの構造などは従来のKepler世代以降のGeForce GTXシリーズを踏襲したものである(Photo08,09)。バックパネルは5画面出力で、このあたりの処理はGeForce GTX 980と全く同じであった(Photo10)。

Photo08:ちなみにカード単体の重量は924g(実測値)だった

Photo09:補助電源コネクタは6pin+8pin構成。TDP 250Wだから当然か

Photo10:DisplayPortは3つあるのだが、なぜかうち2つは電源投入時に画面出力されなかった。何かしら設定があるのではないかと思うが、今回のテスト中には解決しなかった

ちなみにNVIDIAからは分解写真(Photo11~13)も提供されており、基本的な構造はGeForce GTX TITANのころから変わっていないようだ。

Photo11:そもそも部品配置が全く変わらない。ヒートシンクも同形状に見える

Photo12:基板の上に被さるカバーの形状は若干違うが、その程度の差といえる

Photo13:基板配置。そもそもTDPがGeForce GTX TITANあたりから全然変わらないためか、電源周りもほとんど同じに見える(ただ、若干パーツ変更などはあるようだが)

実際にあけてみても殆ど違いは見られなかった(Photo14)。GM200はごらんの通りかなり大きい(実測値で640平方mm)ダイで、ついに600平方mmを超えたかという感じ(Photo15)。搭載されているGDDR5はHynixのH5GQ4H24MFR4H24MFR&posMap=graphicsGDDR5)だった(Photo16)。

Photo14:しいて言えばヒートシンクの色が若干黒っぽくなってる気がする。ヒートシンクの単体重量は251gで、GeForce GTX TITANに使われていたものよりやや軽い

Photo15:ダイサイズはデジタルノギスでの実測値で25.3mm×25.3mm。パッケージサイズは、同じく実測値で46mm×46mmとなっている。ちなみにGPU-Zのデータベースでは601平方mmとなっている

Photo16:HynixのGDDR5の最高速品。メモリ容量は4Gbitなので、これを24個で12GBという構成である

さすがに広く評価版が出回っているのか、すでにGPU-Zのデータベースに登録され、正しく認識されていた(Photo17)。

Photo17:Clockなどの数字はPhoto03の表と一致しているのが分かる

  • <<
  • <

1/16

インデックス

目次
(1) MaxwellアーキテクチャベースのGM200コアを採用
(2) 今回のテスト環境を紹介
(3) ベンチマーク結果「3DMark」
(4) ベンチマーク結果「UNiGiNE Valley 1.0」
(5) ベンチマーク結果「Aliens vs Predator DirectX 11 Benchmark」
(6) ベンチマーク結果「Battlefield 4」
(7) ベンチマーク結果「BioShock Infinite」
(8) ベンチマーク結果「F1 2014」
(9) ベンチマーク結果「Hitman Absolution」
(10) ベンチマーク結果「Metro redux」
(11) ベンチマーク結果「Star Swarm Stress Test」
(12) ベンチマーク結果「Thief」
(13) ベンチマーク結果「Basemark CL v1.1」
(14) ベンチマーク結果「Sandra 2015」
(15) ベンチマーク結果「消費電力測定」
(16) まとめと考察

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事