【ハウツー】

iPhone 4S、5、5sはまだ使えるのか - iOS 8でのパフォーマンスや連携機能に関する記事まとめ

 

iPhone 6が発売された今でも、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5sを使い続けているiPhoneユーザーは少なくないことでしょう。そんなユーザーが気にするのは、iOS 8にしたときのパフォーマンスや、最新の機能がどこまで使えるのかということではないでしょうか。ここではそうした点をまとめた記事を集めました。

*  *  *

1:iPhone 4S、5、5sでiOS 8はどれだけ動く?

【ハウツー】iPhone 4S、5、5sでiOS 8はどれだけ動く? 検証してみた


昨年9月にリリースされたiOS 8はiPhone 4S/5/5Sもバージョンアップの対象としてサポートします。しかし、バージョンアップしても、きびきびと動くか否かは別問題。本稿では、ベンチマークアプリを用いて検証してみました。
詳しい説明はこちらの記事へ

*  *  *

2:iOS 8.1でiPhone 4Sの操作感も改善?

【ハウツー】iOS 8.1にバージョンアップするとサクサクになるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


iOS 8.1ではiPhoneの操作感が改善されるプログラムが提供されています。iPhone 4Sにも効果はあるのでしょうか。
詳しい説明はこちらの記事へ

*  *  *

3:iOS 8.1.1で更なる改善?

【レポート】「iOS 8.1.1」でiPhone 4Sは本当に速くなるのか!?


iOS 8.1で操作感が改善されましたが、続くiOS 8.1.1でもiPhone 4Sの安定性とパフォーマンスの向上が改善項目として含まれています。どれくらい改善したのでしょうか。
詳しい説明はこちらの記事へ

*  *  *

4:iPhone 5以降ならYosemiteの機能をフルに生かせる

【レポート】iPhoneとOS X Yosemiteで何ができる?(第1回) - Macから掛ける・受ける・接続する


iOS 8のキモは連携「Continuity」にあります。iPhoneを使ってMacを簡単にインターネット接続する「Instant Hotspot」は残念ながらiPhone 5以降にしか対応していませんが、iPhone 4Sでも同じWi-Fiネットワークにある場合に、iPadやMacからiPhone経由で電話の発着信が行えます。
詳しい説明はこちらの記事へ

*  *  *

5:HandoffもiPhone 5以降ならフル機能が利用可能

【レポート】iPhoneとOS X Yosemiteで何ができる?(第2回) - HandoffでMacとiPhoneの連続性を作り出す


iPhone/iPad/Macの間で作業や閲覧環境を引き継ぐHandoffという機能もあります。こちらもiPhone 5以降が対応端末となります。
詳しい説明はこちらの記事へ

本稿で紹介した記事
1:【ハウツー】iPhone 4S、5、5sでiOS 8はどれだけ動く? 検証してみた
2:【ハウツー】iOS 8.1にバージョンアップするとサクサクになるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
3:【レポート】「iOS 8.1.1」でiPhone 4Sは本当に速くなるのか!?
4:【レポート】iPhoneとOS X Yosemiteで何ができる?(第1回) - Macから掛ける・受ける・接続する
5:【レポート】iPhoneとOS X Yosemiteで何ができる?(第2回) - HandoffでMacとiPhoneの連続性を作り出す
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス