【レビュー】

6倍越えのCPUパワーと2倍のメモリもお値段据え置き - 「Raspberry Pi 2」を試す

1 第2世代のRaspberry Pi 2の実力

 
  • <<
  • <

1/3

「6種類目のRaspberry Pi」は、CPUを大幅に増強して登場

2012年2月29日に出荷が開始されたRaspberry Piは、もともと教育用というコンセプトで登場した。だが、一通りの機能がそろった「Raspberry Pi Model B」で35ドルと手ごろな価格から、Makers(自作で色々作ってしまう人達)からも人気を呼んだ。発売から約3年間に、500万台以上のRaspberry Piが販売されたという。

SoCを一新したRaspberry Pi 2

Raspberry Piは当初、「LAN端子なし・USBコネクタ×1基・メモリ256MB」のModel Aからスタートし、これまで5種類が登場している。概要は以下の通りだ。

・Model A : LAN端子なし、USBコネクタ×1基、メモリ256MB
・Model B : LAN端子あり、USBコネクタ×2基、メモリ512MB(初期のModel Bには256MB版もあった)
・Model B+ : 基板レイアウトを変更して電源強化、USBコネクタとGPIOピンを増やし、ストレージをMicroSDに
・Model A+ : 基板サイズを小型化して低価格化
・Compute Module : 組込み用

上記のRaspberry Piすべて、心臓部となるSoCには「Broadcom BCM2835」を使っていた。一方、CPUには700MHz駆動の「ARM1176JZF-S」を使用していたので、「やや非力」ともいわれていた。

これらを解消したのが、RSコンポーネンツから販売が開始された「Raspberry Pi 2 Model B」(以下、Raspberry Pi 2)だ。基本的なレイアウトは先代Model B+と同一なので、ケースなどを流用できる。

スペック面では、SoCが「Broadcom BCM2836」となり、CPUは「ARM Cortex-A7」(4コア・900MHz)に、メモリは1GBにと、大幅にパワーアップした。しかも、想定価格は従来と同じだ。

Raspberry Piシリーズが販売500万を突破というTweet

筆者もマイナビニュースの記事を見てさっそく注文しようとしたが、RSコンポーネンツの通販サイト「RSオンライン」で色々と入力している間に、「一時在庫切れ」となってしまった。今回は、マイナビニュース編集部から送られてきた評価ボードを使って、あれこれと遊んでみた(注文しておいたRaspberry Pi 2は、本記事を書いているときに届いた)。

基本的な基板デザインは従来モデルを踏襲

Raspberry Pi 2の基本的な基板デザインはModel B+と同じだが、新しくなったBroadcom BCM2836 SoCは、RAMパッケージをSoCの上に載せておらず、Broadcomロゴが見える。RAMは基板の裏側に配置されている。

基板の表裏(片方は私物)。従来、裏側にはほとんどパーツが付いていなかったが、Raspberry Pi 2にはメインメモリのLPDDR2 SDRAM 1GBが搭載されていた(試用機のロットはELPIDA B8132B4PB-8D-F)

Raspberry Pi 2のSoCはBroadcom BCM2836。従来モデルが搭載するBroadcom BCM2835は、メモリを上に載せたスタッカブルパッケージだったので、Broadcomロゴが見えなかった

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 第2世代のRaspberry Pi 2の実力
(2) 起動時間は約半分、ベンチマークで5倍以上の速度アップ
(3) 消費電力はModel B+比で増大、Model B比では大差なし
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

リニア、デュアル入力モノリシック電源プライオリタイザ「LTC4420」を発表
[10:50 9/1] テクノロジー
Windows 10 Insider Preview、ビルド14915で「配信の最適化」が向上
[10:49 9/1] パソコン
リニア、60V同期整流式降圧バッテリチャージャコントローラ「LTC4013」
[10:31 9/1] テクノロジー
[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (10) time要素の使い方
[10:30 9/1] 企業IT
ドコモショップで生命保険の販売がスタート、通信会社は何を狙うか
[10:30 9/1] 経営・ビジネス