【レポート】

目指すは「手のひらTSUTAYA」? 家電小売への参入? - フリービットとCCCが戦略的資本・業務提携を発表

1 業務提携ではなく「結婚」

 
  • <<
  • <

1/3

格安スマホのフリービットとTSUTAYAでおなじみのカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は19日、戦略的資本・業務提携したと発表し、都内で記者説明会を開催した。これによりCCCのブランド・顧客基盤とフリービットのスマホ事業を活かした、新たなスマートフォンサービスを提供していきたいという。また、説明会ではCCCの新業態も発表された。

フリービットの事業とCCCの販売・マーケティング力を活用

記者説明会ではまず、フリービットの代表取締役会長の石田宏樹氏が登壇し、今回の戦略的資本・業務提携を「結婚」と評しつつ枠組みについて説明。

今回の提携で、CCCはフリービットのコンシューマ向けスマートフォンキャリア事業である「freebit mobile」を採用するという。一方、フリービット本体はCCCから出資を受け、フリービットはCCCモバイルに対してフランチャイズプログラムのマスターライセンスを譲渡する。

今回の提携に先駆け、CCCとフリービットは2014年11月3日から21日まで、北海道・函館市の函館蔦屋書店でスマートフォン販売の実験を行った。5坪というスペースで知名度ゼロという状況にもかかわらず、日に日にお客さんが口コミで増えて30日換算で172台販売が新規で販売されたという。

石田会長は実験の結果を振り返り、「フリービットの資本力では限界があるマーケティングや販売といった方面やブランドとしての展開も、提携することで非常に分かりやすい形で行うことができる」とコメントした。

フリービットの代表取締役会長の石田宏樹氏

提携前に行った函館蔦屋書店での販売実験の結果

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 業務提携ではなく「結婚」
(2) 「フリービットモバイル」から「トーンモバイル」に
(3) ライフスタイルを変える鍵がスマートフォン

人気記事

一覧

新着記事

中古バイクを格安レストア 第7回 タイヤを新品に交換する
[09:00 9/25] ホビー
500円で特製ローストビーフ食べ放題!? 肉バル「カンビーフ」へ急げ!
[09:00 9/25] 趣味
どうしてiPhone 7では強制再起動の手順が変更されたの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[09:00 9/25] スマホとデジタル家電
三井不動産、台湾中部にアウトレットの開発を決定 - オープン予定は2018年
[09:00 9/25] 趣味
餃子女子必見! 定番から最新餃子まで食べ比べできる「餃子フェス」開催
[09:00 9/25] 趣味