【レポート】

「ZenFone 5」を一番お得に購入するには? MVNO各社のキャンペーンを比較してみた

 

今や主要3キャリアに次ぐ、第4の選択肢となりつつあるMVNOサービス。SIMフリースマートフォンとSIMカードをセットで販売する"格安スマホ"も増えており、中でもASUS製「ZenFone 5」は複数のMVNOが取り扱うなど、人気の端末になっている。

「ZenFone 5」を一番お得に購入できるMVNOサービスは?

そこで本稿では、ZenFone 5とSIMカードをセットで提供しているMVNO各社のキャンペーンを比較し、同端末がもっともお得に購入できるMVNOサービスをチェックしてみた。比較したのは、楽天モバイル、DMM mobile、NifMoの3サービスだ。

SIMフリースマートフォン「ZenFone 5」の特長

まずZenFone 5の特長を簡単におさらいしておこう。同端末は、5型ディスプレイを搭載したSIMフリーのAndroidスマートフォン。OSはAndroid 4.4、プロセッサには1.2GHzのクアッドコアCPU(Snapdragon 400)を採用する。また、端末の背面に800万画素のメインカメラ、前面に200万画素のインカメラを搭載。このほか、日本語入力アプリの「ATOK」を標準搭載するなど、低価格帯ながら十分な性能を備えたSIMフリースマートフォンとなっている。

ネットワーク面では、LTE/W-CDMA/GSMに対応。NTTドコモのXi/FOMA網を利用するMVNOサービスでも利用することができる。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッド、ゴールドの4色展開。本体サイズは72.8(W)×148.2(H)×10.34(D)mm、重量は145g。

MVNO各社のキャンペーンを比較、楽天モバイルが最安に

本稿で比較するMVNOサービスは、楽天の子会社フュージョン・コミュニケーションズが展開する「楽天モバイル」、DMM.comの「DMM mobile」、ニフティの「NifMo」の3サービス。ZenFone 5とSIMカードをセットで購入したときに受けられるキャンペーンの特典などを比べてみた。

ZenFone 5とSIMカードをセットで購入したときに受けられる特典の比較(2月13日時点の各社Webサイトの情報を基に作成) ※拡大画像はこちら

まず、楽天モバイルでは、ZenFone 5を一括購入することで、楽天スーパーポイントを1,500ポイント付与するキャンペーンを実施している。購入は一括のみで、端末価格は26,400円(以下、金額は税抜)。また、SIMカードの月額基本料が1カ月間無料になるキャンペーンも実施しており、SIMカードのプランに関係なく適用可能だ。

楽天モバイルでは、キャンペーンにより最大10,000ポイントの楽天スーパーポイントが付与されるのが魅力

さらに、同サービスでは、iPhone、Androidスマートフォンやフィーチャーフォンの中古端末を下取りする買取サービスも実施している。買取サービスを利用して売買が成立すれば、買取金額と楽天スーパーポイントの還元ポイント1%に加えて、5,000ポイントがプレゼントされる。そのほか、通話料が半額になる通話サービス「楽天でんわ」に登録すると、1,000ポイントが付与されるなど、各キャンペーンをフル活用することで、お得に格安スマホを始めることができる。さらに、ZenFone 5のブラック(8GB)購入の場合、SDカード(16GB)が無料で手に入るキャンペーンが2月12日からスタートしており、記憶ストレージの容量も実質一番多いことになる。

DMM mobileでは、月額基本料が最大2カ月無料になる

次に、DMM mobileでは、SIMカードの月額基本料が最大2カ月無料になるキャンペーンを実施している。同キャンペーンは、開通月の残りの期間と、翌月の月額基本料が無料になるというもの。また、毎月の請求額に対して、10%のDMMギフト券をプレゼントするというキャンペーンも実施中。なお、DMMギフト券の有効期限は発行日から1カ月となっている。同サービスでは、ZenFone 5の端末代金は一括払いまたは24カ月の分割払いを選択可能。支払額は一括払いで28,703円、分割払いの場合は1,291円×24回となっている。

NifMoでは、24カ月×200円の機器セット割が適用されるのが特長

NifMoでは、利用開始月の残りの期間のみ、月額基本料が無料になる。また、SIMカードと一緒にZenFone 5を購入した場合、2月1日よりスタートした「機器セット割」により月額料金が24カ月×200円が割引される。端末代金は一括払いと24回の分割払いをどちらも選択可能で、支払総額はともに31,112円となる。このほか、提携ネットショップでの商品の購入金額に応じて、通信料を値引きする「NifMo バリュープログラム」も提供される。

上記の3サービスのほかにも、ASUSの公式オンラインショップでZenFone 5(26,800円)を購入した場合に、IIJの「IIJmio音声通話パック」のSIMカードがプレゼントされるキャンペーンが実施されている。初回の事務手続手数料が不要となるSIMカードであり、実質3,000円の割引となっている。

*  *  *

今回比較した、楽天モバイル、DMM mobile、NifMoの3サービスでは、楽天モバイルのZenFone 5の端末代金が26,400円で最安となっている。なお、同サービスで提供されるZenFone 5は記憶ストレージが8GBモデルで、他社は16GBモデルという違いはあるものの、ストレージ容量は12日からスタートしたキャンペーンでSDカードをもらうか、購入することでカバーが可能。ライトユーザーであれば、とくに差し支えないだろう。

また、楽天モバイルでは、端末の一括購入や中古端末の買取、楽天でんわへの登録などで、最大10,000ポイントの楽天スーパーポイントがプレゼントされるのも魅力だ(AQUOS SH-M01を一括購入、楽天でんわ加入、中古端末売却成立時の総額)楽天スーパーポイントは、電子マネーの楽天Edyにも交換でき、コンビニ等でも便利に使えるので、DMM.comのコンテンツ購入のみに利用できるDMMギフト券などと比べても使い勝手がよい。そのため、ZenFone 5をセット販売する3サービスで比較した場合、キャンペーンなどの特典がもっともお得なのは楽天モバイルだと言えそうだ。

現在使っている携帯電話やスマートフォンを下取りに出しつつ、人気のZenfone5をお得に入手したいなら、楽天モバイルでのセット購入を検討してみてはいかがだろうか。

人気記事

一覧

新着記事

[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
なかはら・ももた「買われた星」地方の和菓子職人と東京から来た社長のBL
[22:55 6/29] ホビー