【レポート】

CP+2015 - PENTAX K-S2と最新レンズ、THETAに人だかりのリコーブース

1 防塵防滴仕様の軽量コンパクトな一眼レフ

  • <<
  • <

1/3

神奈川・パシフィコ横浜で2月12日から開催されている国内最大級の写真イベント「CP+2015」。リコーブースでは、発売を来月(2015年3月)に控えた話題の新製品「PENTAX K-S2」と「WG-5 GPS」をはじめ、リニューアルして人気の「RICOH THETA」などを展示。レンズバーも、発表されたばかりの「HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW」や「HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW」を手にとって試せるとあって盛況だ。

主役は一眼レフ「PENTAX K-S2」と最新レンズ

ひときわ目を引いたのが、一眼レフ「PENTAX K-S2」の展示だ。コンパクトなボディにKシリーズ初のバリアングルモニターや内蔵Wi-Fi、NFCを搭載。しかも防塵防滴仕様の本格派だ。従来の一眼レフのイメージとは一線を画した特徴的なカラーリングをラインナップする(オーダーカラーサービスも提供)。デザインはK-S1の雰囲気を継承しつつ、より洗練された印象だ。センサーは有効約2,012万画素のAPS-CサイズCMOSセンサー、そして視野率約100%、倍率約0.95倍のペンタプリズム方式ファインダーを奢る豪華仕様である。タッチパネルは非搭載だ。

K-S2はボディカラーもユニーク

天面のカーボン調パターンとオレンジのラインがレーシングイメージを感じさせる

HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE(フード付き)を装着したK-S2

K-S2は、Kシリーズで初めてバリアングルモニターを搭載

内蔵フラッシュをポップアップしたところ

レンズ展示も注目を集めている。PENTAXユーザー待望の★印望遠ズーム「HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW」や「HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW」に加え、発表されたばかりのコンパクトな沈胴式標準ズーム「HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE」も試用可能。当然ながらK-S2との相性も良く、取り回しの良さや、静かで暗所にも強いAFなどを実感できる。

K-S2と最新望遠レンズの組み合わせは、やはり気になる! タッチ&トライは大盛況

「PENTAX K-3」に、HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AWを装着した状態

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 防塵防滴仕様の軽量コンパクトな一眼レフ
(2) 噂のフルサイズ機がついにベールを脱ぐ…!?
(3) 頑丈コンデジにアクションカム、さらにフィルム時代の展示も
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事