【レポート】

CP+2015 - ニコンブースでは小型・軽量化した新「300mm F4」が人気! - 天体撮影用「D810A」の展示や憧れの高級レンズで撮影できる体験コーナーも

国内最大級のカメラ展示会「CP+2015」が、パシフィコ横浜にて2月12日から15日までの4日間にわたり開催中だ。2014年は大雪に見舞われたが、今年は天候にも恵まれ、初日から多くの来場客を集めている。毎年、多くのファンが集まるニコンブースでは、電撃発表されたばかりの天体撮影専用デジタル一眼レフカメラ「D810A」がガラスケース展示されているほか、ニコンとして初めてPF(位相フレネル)レンズを採用して大幅に軽量・小型化を実現した望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」などが人気を集めていた。

ブースは例年通り、といった安定感がある

ギャラリーや撮影体験コーナー、専門カウンターなど各種コーナーが充実

ニコンのボディとレンズを体験したり専門相談員に話を聞ける相談カウンター

"全部入り"の新型サンヨンをチェック!

手前が新型300mm F4で、奥が従来製品の300mm F4。大幅に小型化されていることがわかる

ニコンブースでまず注目したいのは、2015年1月29日に発売されたばかりの「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」だ。PF(位相フレネル)レンズを採用したおかげで、従来のモデルより重さは約4割軽く、長さは74mm短くなった。ブース内の「レンズ専門カウンター」では、相談員から技術解説などを受けたり、実際に新型300mm F4装着して撮影したりもできる。

筆者もAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRを手にとってみたが、300mmの望遠単焦点でありながら軽量で、筆者が持参していた標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」よりもコンパクトなのには驚いた。これなら気軽に持ち出すことができそうだ。ナノクリスタルコートを採用したことによって、逆光でもフレアやゴーストが出にくくなっており、強力な手ぶれ補正機能(VR)も搭載している。まさに"全部入り"の豪華仕様だ。さすがに14年ぶりのリニューアルは伊達ではない。ちなみに300mmでF4の明るさがあれば、2倍のテレコンバーターを装着しても600mmでF8である。鳥やスポーツの撮影など、望遠が必要になる様々なシーンでのニーズを満たすレンズになるだろう。

新型300mm F4(写真左)と旧型300mm F4(写真右)を構えてみた。サイズの違いや重量は実際に持ってみるとより顕著だ。新型はまるで標準ズームレンズを構えているかのような感覚。スペックを考えれば従来製品も格別重いわけではなかったが、なんといっても新型がスゴすぎる

天体撮影用の「D810A」

もうひとつ注目したいのが、2015年2月10日に発表されたばかりの「D810A」。2015年5月下旬に発売予定ということもあり、ガラスケースに入った状態での展示のみで、残念ながら実際に手に取ることはできなかった。

D810Aは、現在発売中の高画素フルサイズ機「D810」を天体撮影専用に仕様変更したモデルで、撮像素子前面にある光学フィルターの「Hα線」透過率をD810比で約4倍に上昇させたというもの。これにより、星雲などをより色鮮やかに写すことができるという。D810はもともと約3,600万画素というニコン最高の超高画素を誇るモデル。このD810Aがあれば、もっと天体撮影を楽しめそうだ。

注目の天体撮影専用モデルD810Aはガラスケースに収められている

憧れのナノクリレンズを試せるコーナー

ブース内には、用意されたボディとレンズで撮影が楽しめるコーナー「Imagination Space」が設けられている。用意されているボディは、「D810」「D750」「D5500」の3機種。レンズはいずれもナノクリスタルコートを採用した"高級"レンズだ。持参したCFカードやSDカードを使って、撮影データを持ち帰ることも可能。憧れの大口径レンズの描写力をじっくりと楽しんでほしい。

撮影データを持ち帰ることも可能な撮影体験コーナー

D810+58mm F1.4で撮影

D750+58mm F1.4で撮影

D5500+24mm F1.4で撮影。大口径レンズをちょっと絞る贅沢感!

このほか、バリアングルモニターを利用して自撮り撮影を楽しめるコーナーや、おなじみ超望遠レンズがずらりと並ぶレンズ体験コーナー、大勢の写真家が撮り下ろした作品を展示するギャラリーなど、まさに最新のニコンを体感できるブースとなっている。

バリアングルモニターを利用した自撮り体験コーナーで、筆者も実際に「ニコンちゃん」と自撮りしてみた

コンパクトデジカメながら、かなりの描写。やはりスマホとは違う

軽量な一眼レフ「D5500」でも自撮り体験。タッチシャッターの便利さを実感

一眼レフだけあって、さすがの描写力。ボディが軽量で腕がぷるぷるしないのも良い。ちなみに、自撮りしたデータをその場でSNSにアップするとノベルティがプレゼントされる

望遠単焦点レンズを体験できるコーナー。ずらりと並んだ姿は壮観!

量販店でも試用できることが多いが、望遠レンズの本領が発揮できるのはCP+の広い会場ならでは

位相フレネルレンズをはじめ、ニコンのテクノロジーが紹介されている

純正現像ソフト「Capture NX-D」をはじめとするソフト体験コーナー

双眼鏡展示コーナー

私のNIKKORギャラリー

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事