【レビュー】

ここが違う! 「EOS Kiss X8i」と「EOS 8000D」 - 40点の写真で徹底比較

1 【外観】大きさは同じでもインターフェースは大きく異なる

 
  • <<
  • <

1/3

コンパクトなサイズと軽快さで人気の一眼レフ、キヤノン EOS Kissシリーズ。2月6日、その最新機種「EOS Kiss X8i」が発表された。と同時に、EOS Kissシリーズとミドルクラス機の間を埋める「プレミアムエントリー」一眼レフとして「EOS 8000D」も登場! はて、この2機種ってどう違うの? 早くもそんな疑問をお持ちの読者諸兄に、最速の比較レポートをお届けしよう!

本記事に掲載しているEOS Kiss X8iおよびEOS 8000Dの外観およびメニュー画面は、いずれも開発中の試作機を撮影したものです。発売時に仕様や形状が変更されることがあります。

【外観】大きさは同じでもインタフェースは大きく異なる

ファミリー層の高い支持率を誇るEOS Kissシリーズ。ミラーボックスを持つ本格的なデジタル一眼レフでありながら、ママの手にもなじむコンパクトなサイズと、長時間持ち歩いても疲れ知らずの圧倒的な軽さ、それでいてAPS-Cセンサーならではの高画質を手軽に楽しめるのが大きな魅力だ。EOS Kiss X8iは、その最新モデルとして4月下旬に発売される。

一方、EOS 8000Dはキヤノンの新カテゴリー「プレミアムエントリー」一眼レフをその肩書きとする。といっても、「8000D」というネーミングからも判るとおり、ミドルクラス機(2桁D)寄りのエントリーモデルといった趣だ。と聞くと、両機のボーダーラインは微妙かつ曖昧とも思えるが、実際には外観にしっかりと表れている。

2機種を並べてみたとき、まず目が行くのは軍艦部のデザインだ。Kiss X8iは従来のKissシリーズ同様、撮影モードダイヤルを(操作側から見て)右側に持ち、電源レバーを含め操作系を右側に集中させている。

これに対し、8000Dは上位機種同様、撮影モードダイヤルと電源レバーを(操作側から見て)左肩に設置、軍艦部右側には情報表示用のサブ液晶パネルを持つ。これはオートやシーンモードでの撮影をメインに想定しているKiss X8iと、絞りやシャッター速度、ISOなどの設定を意識した撮影も考慮した8000Dの立ち位置の差を明確に表している。8000Dは撮影モードダイヤルにロック機構も備えている。

なお、Kiss X8iの軍艦部左側には、新たにWi-Fi機能の動作を確認するパイロットランプが設けられた。8000Dではサブ液晶パネルでWi-Fi機能の動作を確認できる。

Kiss X8i(左)と8000D(右)の正面。違うのはダイヤルの位置とマークだけに見える

軍艦部は、もっとも違いが明確な部分。性能差はないものの、操作系のレイアウトが両機種の立ち位置の違いを物語っている。8000Dのダイヤルはロック機構付き

Kiss X8iはKissシリーズ王道のUIレイアウト。ダイヤルとボタンは右側に集中配置され、非常にわかりやすい

8000Dは上位機種同様、サブ液晶画面で撮影情報を確認できる。Wi-Fi機能のON/OFFも表示

Kiss X8iの左肩には、Wi-Fi機能のパイロットランプが付く

8000Dの左肩にはモードダイヤルと電源レバー。ストラップ環の付き方も上位機種と同様だ

背面を見ると、どちらも104万ドットの3型バリアングル静電式タッチパネルを搭載しながら、やはりボタン配置などの操作系に違いが見られる。Kiss X8iは、メインコントローラーにKissシリーズ伝統の十字キーを採用。同社PowerShotシリーズなどのコンパクト機で馴染んだ直感的操作が行える。

かたや8000Dはサブ電子ダイヤルを搭載。これもまたEOS上位機種に準じた装備だ。本格的なEOS一眼レフの操作性を踏襲しているので、瞬時のコマンド選択や露出補正を行えるだけでなく、将来的なステップアップを前提としたユーザーにとっても嬉しい仕様だろう。また、EOS中上級機ユーザーにとっては、小型軽量なサブカメラとしても有用だ。メイン機と操作性が統一されているので、持ち替え使用時の違和感が小さくて済む。

どちらも104万ドットの3インチバリアングル静電式タッチパネルを搭載

バリアングル液晶を開いた状態。コントローラ-はKiss X8iがシリーズ伝統の十字キーを採用しているのに対し、8000Dは上位機種同様のサブ電子ダイヤルを装備

右サイドビュー。グリップの形状もラバーもまったく同じで、握りやすさ、高級感ともに満足度の高い仕上がり

左サイドには、両機ともにリモコン端子と外部マイク端子、マイクロUSB、HDMI端子を備える

リチウムイオンバッテリーは両機種とも共通の仕様。写真は8000Dで、サブ電子ダイヤルのロックスイッチを装備している

SDカードスロットの位置も両機種共通

内蔵フラッシュをポップアップさせた状態

Kiss X8iのレンズマウント部。8000Dも形状・仕様ともに同様だ

Kiss X8iにはファッショナブルな細身のストラップ(ロゴはシルク印刷)、8000Dには太めの本格的なストラップ(ロゴは刺繍)を同梱

Kiss X8i(左)のレンズキットは「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM」、8000Dのレンズキットには「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が付く。また、両機ともにEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STMと「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」のダブルズームキットもラインナップされる

両機とも発売は4月下旬の予定。キヤノンオンラインショップにおける、EOS Kiss X8iの価格は、ボディ単体が92,800円、18-55STM レンズキットが101,800円、ダブルズームキットが129,800円。同じく、EOS 8000Dの価格は、ボディ単体が97,800円、18-135 レンズキットが134,800円、ダブルズームキットが134,800円(すべて税別)。
  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 【外観】大きさは同じでもインターフェースは大きく異なる
(2) 【性能】スペックは同等、中級機を超えた怒濤の進化!!
(3) 【まとめ】Kiss X8iと8000D、どちらを選ぶか
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アウディ「TT クーペ」にエントリーグレードを追加 - 限定モデル2台も発売
[05:27 8/28] ホビー
ボルボ「XC90 エクセレンス」発表 - 後席の居住性を重視した4人乗り高級SUV
[05:16 8/28] ホビー
ボルボ「XC60 クラシック」をラインアップに追加 - 装備を充実させたモデル
[04:58 8/28] ホビー
メルセデス・ベンツ「C 300 クーペ スポーツ」を発売 - 専用エンジンを搭載
[04:44 8/28] ホビー
「メルセデスAMG C 43 4MATIC」9速AT搭載などの改良を実施 - クーペ追加も
[04:39 8/28] ホビー