【レポート】

東京駅の地下に人工温泉が! 炭酸泉やサウナまであるその施設の正体とは……

温泉――。都会で働く多忙な人たちにとっては日常的に行きたくてもなかなか行けないイメージだが、なんと東京駅の地下に人工温泉があるというのだ。

東京駅の地下に人工温泉やサウナが

その正体は、東京ステーションホテル内の温浴施設

東京駅丸の内駅舎内にあるホテル「東京ステーションホテル」の「Fitness & Spa at The Tokyo Station Hotel」。この中に、「BATH & RELAXING」という名の温浴施設があり、人工温泉に入ることができる。人工炭酸泉のバススペースもあり、他にドライサウナ、スチームサウナなどの施設も完備している。

東京ステーションホテル内にある「Fitness & Spa at The Tokyo Station Hotel」に、温浴施設「BATH & RELAXING」がある。人工温泉と人工炭酸泉を完備

近年話題の炭酸泉について同ホテル広報は、「ヨーロッパでは古くから心臓の湯と呼ばれ、血行をよくしてくれ、温浴療法などに活用されています」とオススメしている。

ドライサウナ、スチームサウナの設備も

いやはや、こんな便利な場所に温泉があったとは驚きだ。「これなら仕事帰りに立ち寄れる! 」と喜んでいる読者もいるかもしれないが、実は同施設の利用、宿泊客もしくは「Fitness & Spa at The Tokyo Station Hotel」内にある「SPA TOKIONE」や「Fitness Lounge THE JEXER TOKYO」の利用者に限定されている(「BATH & RELAXING」の利用料金は宿泊客の場合で、1人2,000円)。

ちなみに「Fitness Lounge THE JEXER TOKYO」と「BATH & RELAXING」は平日7時から営業している。東京駅周辺のワーカーなら、朝からジムで軽く運動して温泉に入ってから出勤、なんてことも可能だ。もしくは、エステと温泉を組み合わせて最高に贅沢な都会の休日を楽しむのもいいだろう。

この好立地の温泉、あなたならではの方法でぜひ活用してみて!

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事