【レポート】

1,000円札を握り締めて北海道・函館朝市へ! 津軽海峡産マグロのウマさに感動

青森県の大間と言えばマグロで有名なところ。そして、津軽海峡を隔てて大間の対岸にあたる北海道・函館の戸井地区でも、「戸井マグロ」としてブランド化されている。いくら地元でマグロがとれると言えど、津軽海峡産マグロは函館でも高級食材なのだが、そんなマグロを手頃な値段で食べさせる店が2014年、北海道・函館に登場したという。

この身の厚さが伝わるだろうか。「函館海峡まぐろ丼ぶり」(980円)のマグロはもちろん函館と津軽海峡産だ

「大間マグロ」「戸井マグロ」に代表されるように、津軽海峡産マグロは品質の高さで知られる。一説には、赤身をおいしくさせるイカと脂のりをよくする青魚の両方を食べているからだとされ、市場でも高値で取引されているのだ。「そんなマグロを格安で」となると、マグロ好きの筆者としては見逃せない。

厚みのあるマグロはほんのり甘く

やってきたのは、海産物店や食堂、土産店などがひしめき合う函館朝市にある「駅二市場」2階の「朝市食堂 二番館」。お目当てのマグロはメニューの一番最後のページにあった。刺し身の単品や刺し身定食などもあったが、ここは豪快に「函館海峡まぐろ丼ぶり」(980円)を食べてみよう。

「駅二市場」の2階にある「朝市食堂 二番館」。広い店内は天井も高くて開放的

注文している間にメニューの写真をもう一度見返してみると、なかなかのマグロの量である。津軽海峡産マグロを使用してこの量で1,000円を切る値段とは、にわかには信じがたい。もしかしてメニュー写真と実物が違うパターンではないだろうか……。

そんな失礼なことを考えていると、間もなく大きな丼が運ばれてきた。しっかりとした大きさの刺し身がご飯を覆い隠すほど敷き詰められている。まずは一切れ、マグロだけいただこうと箸で持ち上げると、なかなかの厚み。かむと後味のいいほんのりとしたマグロの甘みが口の中に広がる。さすがは津軽海峡産マグロだ。

ご飯を覆い隠すほどマグロが敷き詰められた「函館海峡まぐろ丼ぶり」は見た目も美しい

津軽海峡産マグロを1本買い

一瞬とはいえ、疑って申し訳ない。でも、高級品の津軽海峡産マグロをこんなに安く提供して大丈夫なのだろうか。

「専門の問屋さんにお願いして、いいマグロがあったら1本買いしてもらってるんだよね」。同店を運営する函館駅二商業協同組合の理事長、藤田公人さんがあっさりとその秘密を教えてくれた。買い付けて解体し、部位ごとに切り分けて鮮度を保った状態で冷凍するまでを一貫してマグロのプロにお願いすることで、安定したマグロの供給と安さとを実現しているのだという。もちろん、マグロの時期には生のマグロが店頭に並ぶことも。

問屋にはいいマグロがあれば多少値が張っても買い付けるように指示しているが、「函館海峡まぐろ」と銘打っている以上、マグロは函館と津軽海峡産のものに限る。「そこは絶対に守らなければ。もしそれで在庫がなくなってしまったら、その時は一時的に提供をやめます」(藤田さん)。7月から店での提供を開始したが、これまでは人気・知名度ともにメキメキ上昇している北海道の松前町産、知る人ぞ知る函館・南茅部(みなみかやべ)地区産などが中心に入ってきているという。

マグロを安定して安く提供するために、プロが買い付けから冷凍保存までを一貫して担っている。だから、味にブレがないんだとか

今までは高級寿司店などに行かなければなかなか出会えなかった地物マグロだが、「まず食べてもらないとおいしさは伝わらないので、提供を続けることで北海道新幹線開業までに少しでも津軽海峡産マグロの知名度を上げ、定着させたい」と藤田さん。観光客が多く訪れる函館朝市で価格を抑えて提供することでいつでも気軽に食べられる環境を作り、イカに続く第2の函館名物を目指しているのだ。

※記事中の情報・価格は2014年12月取材時のもの。価格は税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NXP、コネクテッド・カー向け小型パッケージ・パワーMOSFETの新ライン
[14:55 5/31] テクノロジー
【ハウツー】新聞紙で拭けばスマホがピカピカになる!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[14:52 5/31] 携帯
大野智、時代劇初主演で忍びに! 「社長役から忍者役で新しい自分出したい」
[14:21 5/31] エンタメ
魚の求愛行動を促進するフェロモン「PGF2α」の受容体を発見 - 理研など
[14:12 5/31] テクノロジー
【特別企画】韓国情報保護学会において優秀企業代表表彰を受賞 - ペンタセキュリティ
[14:04 5/31] 企業IT