【レポート】

CES 2015 - ソニーのプレスカンファレンスは「4K、ハイレゾ、センシング」がキーワード

1 2015年もソニーが目指すのは「KANDO」

  • <<
  • <

1/3

ソニーは、「2015 International CES」の開幕前日となる1月5日(北米時間)にプレスカンファレンスを開催。例年のCESと同様、他社を含めたなかでもっとも遅い時間帯にソニーのプレスカンファレンスは行われた。

360度スクリーン

会場はLVCCの自社ブースで行われた。これによって、プレスカンファレンスで発表した新製品をカンファレンス後すぐに手に取ったり、体験できたりというメリットがある。会場には、上方360度のスクリーンで、舞台上の映像やプレゼンスクリーンを数カ所に映し出された(そのおかげで、席の位置によって映像が見にくくなる問題を回避できる点が筆者は気に入っている)。

平井社長が「PlayStation Vue」やソニーのセンシング技術をアピール

オープニングで登場し、イベントを進行したのは代表執行役社長兼CEOの平井一夫氏。流暢な英語でスピーチを行った。

まず、平井一夫社長が登場した

平井社長がまず話を始めたのは、新サービス「PlayStation Vue」についてだ。PlayStation Vueはその名前通り、ソニー製のゲーム機である「プレイステーション」向けのクラウドサービスだが、その内容は好きなテレビ番組を好きな時に見られるというもの。放送されたテレビ番組をクラウド上に保存し、ユーザーがオンデマンドで見られるというものだ。

「PlayStation Vue」

続いて平井社長が示したのは「Surpassing human vision」という言葉だ。人間の視覚を越えた映像として、同社のミラーレス一眼カメラ「α7S」に触れた。α7Sは超高感度な撮像素子によって、今までにない暗い場所での撮影が可能となっている。

「Surpassing human vision」を実現する「α7S」

これはセンシング技術のなせるワザなわけだが、ソニーは遠からず自動車にさまざまなセンシング技術を投入し、その機能を飛躍的に伸ばすことを考えていると話した。

続いて、「Life Space UX」というキーワードで、生活空間のなかでのソニーをアピール。スピーカー内蔵照明を紹介した。

センシング自動車

ソニー製品が生活空間に溶け込む「Life Space UX」

平井社長は「今年もソニーが目指すのはKANDO(人々を感動させること)」であるとし、より細かい製品の話に移った。

2015年もソニーは「KANDO」を目指す

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 2015年もソニーが目指すのは「KANDO」
(2) BRAVIA Meets Android TV
(3) ハイレゾ、ウェアラブル……注目分野ではソニーはどう動く?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事