【レポート】

Firefox OSは何がすごいのか - KDDIの正式発表前にその特徴を知る

1 Firefox OSの位置づけ

  • <<
  • <

1/5

2013年に携帯業界で話題になった言葉に「第3のOS」がある。当時、iPhoneのiOSとAndroidが2大OSとして、ほとんどのスマートフォンに採用されていた。それに対抗する「第3極」としての立ち位置を目指したOSのことだ。

そして2014年末になって、その第3のOSとして名前の挙がったOSを搭載した製品が、ようやく日本でも携帯キャリアから登場する。それが「Firefox OS」だ。12月23日に、KDDIが製品発表をすると見られており、国内では一般消費者向け初の発売となる。いよいよ登場するFirefox OSとは何か、ここでは解説してみたい。

Firefox OSがいよいよ日本でも登場。写真はバルセロナで開催されたMWC 2013で撮影したもの

Firefox OSは第3のOS

Firefoxは、オープンソースで開発されるWebブラウザで、非営利団体のMozillaが開発を行っている。このMozillaが開発するスマートフォン向けのOSがFirefox OSだ。2013年2月に、バルセロナで開催されたモバイル向け展示会「Mobile World Congress 2013」でKDDIがサポートを表明しており、今回、その公約通り端末が登場することになる。

2013年2月に発表された各国のサポートキャリア。KDDIの名前が挙がっていた

こちらはその当時の端末メーカー

2013年当時、iOSとAndroidが市場支配を強化する中、すでに存在していたマイクロソフトのWindows Phoneも市場拡大に苦戦しており、そうした中で登場した新しいOS群が「第3のOS」と呼ばれていた。正確にはWindows Phoneも入れるべきだろうが、通常はFirefox OS、Tizen、Ubuntuといった新興のモバイル向けOSが第3のOSといわれていた。

その後、TizenはデジタルカメラやスマートウォッチのOSとしては使われているものの、いわゆるスマートフォンとしてはまだ採用されておらず、Ubuntuも市場に出回っていない。そうした中、Firefox OSは順調に採用端末を拡大し、10機種以上が販売されている。

2013年2月、最初に発表されたZTEとALCATEL ONE TOUCHのFirefox OS搭載スマートフォン

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Firefox OSの位置づけ
(2) Firefox OSの特徴:その1
(3) Firefox OSの特徴:その2
(4) アプリはどこから手に入れる?
(5) KDDI版はハイエンド端末?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事