【レポート】

「Android 5 Lollipop」でAndroidはどう変わったか

1 マテリアルデザインとは

Yoichi Yamashita  [2014/12/03]
  • <<
  • <

1/6

プレビュー版公開から4カ月半、Nexus 9と共に「Android 5.0 Lollipop」が登場した。マテリアルデザインを採用してユーザーインターフェイスを刷新、Googleが「Android史上最大のアップデート」と謳うLollipopでAndroidはどのように変わったのか。しばらく使用してみた感想を交えて紹介する。

紙っぽくないのに紙!? マテリアルデザインとは

Android 5.0 Lollipopは2つの目的を持ったアップグレートと言える。1つは、スマートウォッチからTVまであらゆるスクリーンサイズのGoogle製品に共通のUIをもたらす新しいデザインガイドライン「マテリアルデザイン」へのシフト。1人が複数のデバイスを使いこなす時代への対応である。もう1つは、常に持ち歩くモノとしてスマートフォンやタブレットをより使いやすくすること。例えば、素早くチェックできて対応できる通知機能、安全かつ簡単に解除できるパスコードロックなどだ。そうした日々の使用を円滑かつ効率的にする新機能を備える。

見た目がフラットに生まれ変わったが、ウイジェットが並ぶホーム画面、ロックスクリーン、通知パネル、アプリパネルといった基本構成に変更はなく、Androidユーザーが基本的な使い方に迷うことはない。ただし、使い込むほどにじわじわとAndroid 5の便利さ、これまでとの違いに気づく

マテリアルデザインでAndroidも「iOSと同じようにフラットになった」と言う人は多い。たしかに、見た目だけで判断したらiOSを追いかけるようにAndroidもフラットデザインになった。だが、実際に使ってみるとマテリアルデザインとiOSでは方向性が違うことに気づく。AppleのデザインチームはiOS 7でフラットデザインを採用した際に、現実のオブジェクトを模倣するスキューモーフィズム(skeuomorphism)をiOSから追放した。一方、Googleのデザインチームは「紙」から発想を得たと述べている。同じフラットデザイン化でも、Androidは現実のオブジェクトを取り入れている。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) マテリアルデザインとは
(2) 「紙に習った」とはどういうことか
(3) ロック画面・通知機能の改良点
(4) 通知パネル、マルチタスクなどの改良点
(5) デバイスの共有とスマートになったロック解除
(6) Lollipopの評価は?

もっと見る

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

JR東海「新幹線なるほど発見デー」7月に開催 - 車体上げ実演は今回が最後に
[11:41 5/26] ホビー
トヨタ、配車サービスを手がけるウーバーとライドシェア領域での協業を検討
[11:36 5/26] ホビー
【連載】 山口健太のモバイルデバイスNEXT 【第10回】富士通が最新法人向けPCで、旧世代CPUを採用した裏事情
[11:35 5/26] 企業IT
東出昌大、初の刑事役を捉えた写真公開! 拳銃かまえ鋭い目つき
[11:30 5/26] エンタメ
事例・人材像・アーキテクチャモデルをコンテンツ化 - JDMC、整備に着手
[11:06 5/26] 企業IT

特別企画 PR