【レポート】

日本未上陸の決済サービス「Apple Pay」とは何か(第3回) - 日本で利用できるのはいつ?

1 米国外での利用は可能か

 
  • <<
  • <

1/2

iPhone 6/6 Plusの目玉機能のひとつが「Apple Pay」だ。ここでは、複数回に分けて、Apple Payに関する素朴な疑問に答える形で、情報を整理してみたい。今回は、「米国外での利用の可否と日本での利用可能時期」について。

Q. Apple Payは米国外では利用できないのか?

仕組み自体は既存のNFC決済インフラを利用しているため、MasterCardのPayPass、VisaのpayWaveといった決済手段が利用可能な店舗であれば、どこでもApple Payが利用できる。

Apple Payの利用は米国で利用可能だが海外では……?

これは米国外でも例外ではなく、筆者も実際にフランスのパリや郊外の駅売店やMcDonald'sなどでApple Payが利用できることを確認している。ただし、対応店舗でも100%ではなく、使えないケースも確認しており、米国外では正式サービスインまでにさらなる検証が必要だと考えられる。

とはいえ、利用条件には「米国発行のクレジットカードまたはデビットカードを登録したApple Payに限る」があり、正式サービスインが発表されるまで、米国外の国でApple Payを直接利用することはできない。あくまでApple PayがセットアップされたiPhoneをNFC決済に対応した店舗に持ち込んだ場合のみだ。

米国外でApple Payが利用できない最大の理由の1つが「トークン化(Tokenization)」で、現在、このトークン化の処理に関するサービスが提供されているのが米国のみとなる。おそらく米国外では「トークン化サービスが提供される=Apple Payが登場する」ということを意味しており、カードブランドやカード発行会社(イシュア)の動向を見極める必要があるだろう。

また、前述のようにApple Payの利用料徴収モデルにカード発行会社が同意する必要もあり、このあたりも不明瞭な要素となっている。少なくとも1年近くは様子をみる必要があるかもしれない。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 米国外での利用は可能か
(2) 日本での利用はいつからか

人気記事

一覧

新着記事

藤ヶ谷太輔、バスケ選手の役づくりで「髪をバッサリ切って黒くしました」
[13:13 8/31] エンタメ
シマンテック、常時SSL化に向けホスティング事業者向け新サービス提供
[13:06 8/31] 企業IT
10周年記念「ゼーガペイン アルティール」は積層化QLフルチャージ状態再現
[13:00 8/31] ホビー
エアバス、LATAMにA320neo引き渡し - アメリカ大陸で最初の運航会社に
[12:59 8/31] 趣味
マウス、「オータムセール」にクリエイター向けPC「DAIV」を追加
[12:57 8/31] パソコン