【レポート】

日本未上陸の決済サービス「Apple Pay」とは何か(第1回) - Apple Payの仕組みとビジネスモデル

1 Apple Payの仕組み

  • <<
  • <

1/2

iPhone 6/6 Plusの目玉機能のひとつが「Apple Pay」だ。これまで頑なにiPhoneへのNFC (Near Field Communication)搭載を拒否してきたAppleが突然、方向転換し、多くの銀行や小売店パートナーを獲得して大々的にモバイルペイメント事業へと乗り込んできたことは、業界関係者にさえ驚きを与えた。すでにApple Payに関しては多数の報道が出ており、その概要が日本の読者の方々の耳にも入ってきているだろう。

ここでは、複数回に分けて、Apple Payに関する素朴な疑問に答える形で、情報を整理してみたい。まずは、Apple Payの仕組みと既存のサービスの違い」について。

Apple Payは、iPhoneをクレジット/デビットカード代わりに利用して、財布からカードを取り出さずとも実店舗のレジやオンラインショッピングでの支払いが行えるサービス

Q1.Apple PayはApple独自の特別な仕組みなのか?

仕組み自体は既存のインフラを利用している。日本を除く海外ではType-A/Bという方式を採用した非接触ICによるNFCの決済インフラが構築されつつあり、Apple Payはこの仕組みをそのまま利用しただけで、特別なものではない。ただし、現状ではiPhone 6/6 Plusの2種類の端末のみが店頭での決済サービスを利用可能で、iPad Air 2やiPad mini 3などのタブレットでは店頭での利用できない(アプリ内でのオンライン決済は可能)。

Apple Payの対応デバイス。店頭対応(In Store)はiPhone 6/6PlusとApple Watchのみ(現在未発売)

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) Apple Payの仕組み
(2) Apple Payのビジネスモデルは?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事