【レポート】

『Wake Up, Girls!』とプロジェクションマッピングのコラボイベント! ライブの模様をレポート

中里キリ  [2014/11/09]

プロジェクションマッピングによる体験イベント"PROJECTION MAPPING JOURNEY!!!"とアイドルアニメ『Wake Up, Girls!』のコラボレーションイベントが11月8日~9日、東京・新宿アルタスタジオで開催中だ。

プロジェクションマッピングとは、プロジェクターを使って現実空間に映像を投影することで、新しい空間を創りだす映像演出のこと。昼間はプロジェクションマッピング技術と『Wake Up, Girls!』の映像を組み合わせた様々な展示が、夜の部は背景に映像を投影しながらのミニライブが行われた。

展示の一部を紹介すると、「記憶の箱」は立方体のスクリーンに『Wake Up, Girls!』のアニメの様々な場面を投影。コントロールボックスの上にかざした手を動かすと、万華鏡のように様々なエフェクトが加わったり、映像が変化したりする双方向性が楽しい。「影たち」は、スクリーンの前に立った人の影の部分にだけ映像が投影され、映像の中では「Wake Up, Girls!」のメンバーが踊ってる。メンバーの動きに合わせて踊ると不思議な気持ちになる。他にも会場の一角に何気なく“禁煙”と書かれた貼り紙がめまぐるしく変化して録りおろしの音声が流れたり、会場の一角が作品でもお馴染みの場所によく似た、しかし何かが違う感じになっていたりと、プロジェクションマッピングならではの映像体験を楽しむことができた。

夜には「オアシスと七つの花」と題したミニライブを開催。初日は島田真夢役の吉岡茉吉岡茉祐と久海菜々美役の山下七海が登場。ライブ会場にいたはずの真夢と菜々美が、「記憶の砂漠」に迷い込んでしまい……という設定でライブが行われた。吉岡たちは普段のライブだとキャラクターではなく声優としてステージに立つことが多いため、ステージで役柄を演じながら演劇のような掛け合いを見せる姿はとても新鮮だ。プロジェクションマッピングイベントでのライブということもあり、ステージも特別仕様。壁面に映し出された映像が楽曲に合わせてめまぐるしく変化する中でのライブで、吉岡も「背景が予想以上にきれいだった!」と感激していた。

ミニライブではまずは吉岡が「ハジマル」を披露。「ハジマル」は島田真夢のキャラクターソングで、真夢らしいまっすぐで高潔さを感じさせる楽曲。夏のツアー後にはまだクオリティに満足していないと語っていた吉岡だが、練習やイベントで何度も歌いこんだというだけあって、安定感や情感がはっきりとレベルアップしたパフォーマンスだった。

続いては山下が11月5日に発売されたばかりの「オオカミとピアノ」を披露。「オオカミとピアノ」は久海菜々美のキャラクターソングで、光塚歌劇団に憧れる奈々美が客席を不思議な森に連れていく趣向の楽曲だけに、プロジェクションマッピングとの相性は最高。紫色の鍵盤やオーロラ、おもちゃ箱をひっくり返したような映像の中、幻想的なステージを見せていた。

そしてここからが嬉しいサプライズで、普段は7人で歌っている「16歳のアガペー」と「タチアガレ!」を2人バージョンで披露。日頃の動きの大きなポジションチェンジがないかわりに、山下が吉岡の手を引いて走ったり、背中合わせになったりとこの日限定のフリが随所に見られた。このフリは山下が担当したとのこと。

山下と久海菜々美のファンにはたまらなかったのがソロパートで、「16歳のアガペー」で普段は永野愛理が担当するソロを、山下がはにかみながらもキュートに歌唱。さらに「タチアガレ!」でも吉岡のソロに山下がハモりを重ねていったり、Cメロの青山のソロを山下が凛として歌い上げたりと大活躍で、この場限りでしか見られない姿に客席も熱狂していた。ソロパートの多さに山下は「こういう機会でないと他の人のパートは歌えないので、よっぴーこんなに低いところで歌ってるんだ、と新鮮でした」と語っていた。

ミニライブ中、スクリーンにライブ会場の一面の緑のサイリウム(緑は「Wake Up, Girls!」のイメージカラー)がアニメーションで映し出される演出があったのだが、この時客席も揃って緑のサイリウムを掲げて、スクリーンの向こうとこちらがひとつになったのはアニメーションと映像がリンクしたライブならではの可能性を感じた。

ライブ第一部の終了後には、山下により吉岡の誕生日(11月7日)を祝うサプライズバースデーが行われ、吉岡が客席の赤いサイリウムをろうそくに見立てて吹き消したりと盛り上がりを見せていた。第二部では会場のスタジオアルタにちなんで名物司会者っぽい物腰の吉岡が「友達の輪」をつなぐコーナーを実施。最後は「また(WUGのイベントに)来てくれるかな?」「いいとも!」の大合唱でステージを締めくくった。

「PROJECTION MAPPING JOURNEY!!! × Wake Up, Girls! ~七つの花の咲くオアシス~」は、本日11月9日(日)も開催される。展示は10:00~17:30までで、当日券は1,800円(ミニライブのチケットは完売)。会場では物販も行われ、このコラボイベント限定デザインのタペストリーやトートバッグなどを販売。物販は入場チケットがなくても購入することができる。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

真野恵里菜『とと姉ちゃん』出演に喜び「念願だった朝ドラ」「夢が叶った」
[21:20 5/27] エンタメ
ZTE、Androidスマホ「AXON 7」とVRゴーグル「ZTE VR」を発表
[21:10 5/27] 携帯
ちょっと重いな…、サイコ・ガンダムMk-IIが200mmの超大型食玩になった
[21:00 5/27] ホビー
長瀬智也・神木隆之介らのクドカン映画バンド"地獄図"、6月『Mステ』に出演!
[21:00 5/27] エンタメ
iiyama PC「SOLUTION∞」、Windows 10 Pro搭載のミドルタワーデスクトップ
[20:49 5/27] パソコン

本音ランキング

特別企画 PR