【レビュー】

「2014年秋ドラマ」20作を初回視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ

全20作品がそろった2014年の秋ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていきます。

別記事(2014年秋ドラマの傾向を徹底分析)において、秋ドラマの主な傾向を、[1]百花繚乱のヒロインたち [2]草食系男子が集合 [3]強烈キャラの実写化 [4]『花子とアン』俳優が絶好調 の4つと分析。

オススメドラマを第1位『信長協奏曲』、第2位『ごめんね青春!』、第3位 『きょうは会社休みます。』、第4位『Nのために』、第5位『ファーストクラス』と発表しました。

本記事では、それらの作品を含む、今クール全作品のひと言コメントと採点(3点満点)を紹介していきます。

『信長協奏曲』主演の小栗旬(左)、ヒロイン役の柴咲コウ

『SAKURA ~事件を聞く女』(TBS系月曜20時~)

出演者:仲間由紀恵、佐藤隆太、高島礼子ほか
寸評:仲間は朝ドラの恋愛体質から打って変わって、おかっぱ頭の苦情処理係、ローカルDJ、さらにコスプレでの潜入捜査官とキャラ三昧。さらに「声が聴こえる」設定もあり、暑苦しい柔道家の相棒、やたら強い妹など、ツッコミどころが多い。ただ、クライマックスの決めゼリフも含め、徹底した勧善懲悪の姿勢は、元時代劇枠だけに王道。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『信長協奏曲』(フジテレビ系月曜21時~)

出演者:小栗旬、柴咲コウ、山田孝之ほか
寸評:これだけ信長モノが続くと食傷気味と思いきや、全く問題なし。タイムスリップも歴史のアレンジも、全て効果的に使われている。小栗は同世代からベテランまで、誰と絡んでも存在感で劣らず、終盤の成長した姿も計算に入っているだろう。1話の柳楽優弥、2話の西田敏行など、演技派や大物を次々に殺していく、凝縮された展開も見事。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『すべてがFになる』(フジテレビ系火曜21時~)

出演者:武井咲、綾野剛、吉田鋼太郎ほか
寸評:1話完結が全盛の中、2話完結でじっくり描く意欲作。オープニングの約5分間を武井vs早見あかりのトークで押し通し、ミイラ化した死体を繰り返し映すなど、思い切りのいい演出が目立った。大ピンチの中、「次週に続く」スタイルは懐かしささえ感じるが、"ながら視聴"の多い現代人に受け入れられるか。綾野剛はハマリ役になりそう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『素敵な選TAXI』(フジテレビ系火曜22時~)

出演者:竹野内豊、バカリズム、南沢奈央ほか
寸評:主演は竹野内だが、実質的には脚本のバカリズム。コント名手らしいと言えばそうなのだが、急展開が多いのは気になる。爽やかなストーリーが多いだけに笑いを求める人は肩すかしかもしれない。今後、竹野内がゲストにどんどん巻き込まれ、存在感が増してきたら面白そう。現状は脚本とゲストの出来によって、各話のバラつきがある。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『女はそれを許さない』(TBS系火曜22時~)

出演者:深田恭子、寺島しのぶ、上川隆也ほか
寸評:女性がターゲットの枠らしく、世代とキャラの異なるダブルヒロインを抜擢。ともにトラウマがあるものの、それにばかりに頼ることなく淡々と描いていた。深田と寺島の対比は分かりやすく、物語に入っていきやすいが、初回は主となる事件や問題にひねりがなかった。男性を"ダメ人間"か、"悪人"として描き続けると一本調子に。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『さよなら私』(NHK火曜22時~)

出演者:永作博美、石田ゆり子、藤木直人ほか
寸評:ハートフルな名作が多い岡田惠和脚本だけに、「今さら感の強い」入れ替わりモノだったのは少し残念。ただ、"夫の浮気相手である自分の親友"と入れ替わる設定は、女性の葛藤を描くのに究極の手段かも。女性が抱える喜怒哀楽の表裏がセリフで表現されるだろう。美人40代女優のコンビで、ベッドシーンもあり、大人の色気がムンムン。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『相棒 season13』(テレビ朝日系水曜21時~)

出演者:水谷豊、成宮寛貴ほか
寸評:コンビ3年目の成宮はすっかり落ち着いた印象。結婚ネタを盛り込んだのは変化を持たせるためかもしれないが、なぜか肝心の捜査では存在感が薄かった。単なる殺人ではなく、国や巨大組織が絡む社会派事件を扱っているのはこれまで通り。初回ゲストの仲間由紀恵が、警視庁に出向したことで、終盤かスペシャル版での再登場は確実。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『きょうは会社休みます。』に出演する福士蒼汰(左)と綾瀬はるか

『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系水曜22時~)

出演者:綾瀬はるか、福士蒼汰、玉木宏ほか
寸評:30歳処女の"こじらせ女子"を綾瀬が好演。誰もが応援したくなる役作りがバッチリで、『ホタルノヒカリ』の干物女との差別化もできていた。マンガ原作だが、極端な展開は少なく、小さなことで笑い泣きできるメロドラマの雰囲気もある。処女喪失の描写こそ淡泊だったが、入浴シーンのサービスも。イケメンがそろい、女性をガッチリ。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

『ファーストクラス』(フジテレビ系水曜22時~)

出演者:沢尻エリカ、木村佳乃、夏木マリほか
寸評:舞台をファッションブランドに変え、悪女をそろえたキャストがパワーアップ。セリフから髪までキャラの色分けは徹底されているが、11人もの悪女をどうさばくか、脚本家の力が試される。遊び心が増した心の声は楽しく、映像もゴージャスになったが、沢尻が現状維持なのが気がかり。裏番組が強いだけに、衝撃的な展開が期待される。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『科捜研の女』(テレビ朝日系木曜20時~)

出演者:沢口靖子、内藤剛志、若村麻由美ほか
寸評:15年で14作目を数える鉄板ドラマは健在。沢口演じるマリコの魅力は全く衰えを見せず、対立する藤倉を出世させたことで、さらにバトルが盛り上がっている。脚本家のラインナップも不安はなく、安定感十分。さらに今シリーズから、『平成仮面ライダーシリーズ』を人気作にした田崎竜太氏をメイン監督に据え、映像面も洗練された。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ぼんくら』(NHK木曜20時~)

出演者:岸谷五朗、奥貫薫、松坂慶子ほか
寸評:同枠は若手俳優を起用した作品が続いていたが、今作はベテランの岸谷で勝負。とぼけた表情と情に厚い顔を見事に演じ分けている。壮大な時代モノではなく、昔懐かしい江戸の長屋モノであることも好印象。無精で刀を抜かない同心の活躍する姿は爽快で、事件解決のミステリーも楽しめる。子役の熱演や名推理も楽しみのひとつ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『MOZU Season2~幻の翼~』(TBS系木曜21時~)

出演者:西島秀俊、香川照之、真木よう子ほか
寸評:映像のド迫力も難解なストーリーもシーズン1と同じ。2~3度見なければ気づかない映像へのこだわりは、アクションシーンだけでなく、美術や小道具からもうかがえる。全5話に凝縮したのは好感が持てるが、前編から持ち越しの謎も含め、全てのミステリーが解決できるか。相変わらず主演より目立っている新谷役の池松壮亮は必見。
採点:【脚本☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系木曜21時~)

出演者:米倉涼子、遠藤憲一、北大路欣也ほか
寸評:髪を切っても米倉のハマリぶりは相変わらず。今回も医療モノより勧善懲悪の側面が強く、難手術の成功よりも大物男優たちを小物扱いし、決めゼリフをサラッと吐く姿が爽快。明らかに今回のラスボスである北大路と未知子がどう対峙するのか、終盤が今から楽しみ。視聴率においては、もはや誰も疑う人がいない、今クールの大本命。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『ディア・シスター』(フジテレビ系木曜22時~)

出演者:石原さとみ、松下奈緒、岩田剛典ほか
寸評:男女ともに人気の高いダブルヒロインだが、内容は99%女性向け。恋愛の展開も、日々の暮らしも、生き方探しも、ほとんどが女性誌から抜き出したようなネタばかり。2人の設定がオーソドックスなだけに、ストーリーに意外性がないと飽きられる恐れも…。男性キャストがステレオタイプな草食系ばかりなのも含め、脚本に不安が残る。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『新・刑事 吉永誠一』(テレビ東京系金曜20時~)

http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshinaga2/ 出演者:船越英一郎、中山忍、小泉孝太郎ほか
寸評:2時間ドラマ時代と比べるとアッサリ感は否めないが、それでも内容は安定。ここまで犯人に怒り、被害者に泣き、関係者に詫びる刑事は今や珍しく、毎週クライマックスで魅了される。自ら「ライフワーク」と語る船越の熱演に、脇の小泉や中山らがしっかり応える関係性も良好。新人キャリア官僚役の九条も存在感があり、盛り上げに一役。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『Nのために』(TBS系金曜22時~)

出演者:榮倉奈々、窪田正孝、賀来賢人ほか 寸評:メイン4人だけでなく、過去パートの光石研らベテランも含め、全キャストが静かな熱演を見せている。悲しくシビアな展開は、いかにも湊かなえ原作らしく心を揺さぶられるが、過去作は間延びした印象もあっただけに心配。飽きさせずに終盤を迎えられたら、満足感の高い結末が待っているかも。朝ドラから連投の窪田と賀来に期待。 採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『黒服物語』(テレビ朝日系金曜23時15時~)

出演者:中島健人、佐々木希、柏木由紀ほか
寸評:怒鳴られ、殴られても、そのイケメンは崩れず、最後は甘いセリフを放ってしまう中島の王子様キャラが炸裂。佐々木、柏木、入山杏奈らキャバ嬢役の華やかさはもちろん、ドロドロの人間関係も楽しく、竹中直人、北村有起哉、要潤らの男性陣も味がある。『金曜ナイトドラマ』ではひさびさのセクシー作だけに、男性視聴者の期待は大きい。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『玉川区役所 OF THE DEAD』(テレビ東京系金曜24時12時~)

出演者:林遣都、広瀬アリス、金子ノブアキほか
寸評:ここ数年、力作ぞろいの『ドラマ24』の中でも群を抜く異色作。「弱々しい公務員が怖くないゾンビをつかまえる」という脱力系コンセプトのため、ホラー的な色合いは薄く見やすい。壮大なテーマや思い入れがあるわけでもなく、ただただその図式と、竹刀を振り回す広瀬の雄姿を楽しむドラマ。ゾンビの造形はリアルで意外にハマる人も。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系土曜21時~)

出演者:丸山隆平、桐谷美玲、速水もこみちほか
寸評:舞台を原作の小学校から高校へ変えた影響は大きく、ぬ~べ~との会話も、生徒が妖怪を怖がる様子も薄味になってしまった。ありのまま、妖怪ウォッチ、坂上忍の毒舌、号泣会見など、「今年の流行を集めてしまえ」という演出は寂しさを覚えてしまう。速水の『MOCO'Sキッチン』は女性ウケ狙いだろうが、それ以外は小学生狙いなのか。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『ごめんね青春!』(TBS系日曜21時~)

出演者:錦戸亮、満島ひかり、風間杜夫ほか
寸評:アラフォー世代がかつて親しんだ80年代風の学園ドラマ。イジメ、薬物、妊娠などの学校問題はふれず、「普通の日常を描く」姿勢は清々しさを感じる。そこにクドカンらしい小ネタとキャラの濃い大人たちを絡めることでエンタメ作に昇華。現在パートは恋のドキドキとドタバタを、過去パートは恋のホロ苦さとノスタルジーが楽しめる。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴する重度のウォッチャー。雑誌やウェブにコラムを提供するほか、取材歴1000人超のタレント専門インタビュアーでもある。著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事