【レポート】

Apple WatchはiPhoneの「次」になれるのか? - S1チップの可能性とは

1 Apple Watchは、iPhoneのパイプラインに乗るためのデバイス

 
  • <<
  • <

1/5

Appleが9月9日に披露した同社初のウェアラブルデバイス、Apple Watch。このデバイスの進化によっては、将来、我々の生活の中心となるコンピュータになるかもしれない。我々が、あるいはApple自身がiPhoneに対して期待している役割を、Apple Watchが取って代わる可能性、素質について考えたい。

Apple Watchを装着したところ。非常に腕時計らしいデバイスとして完成されていたのが印象的だった

他社のデバイスとの比較をする前に、Appleがどのような位置づけでこのデバイスを捕らえているのかを考えてみたい。10月20日(米国時間)、Appleは2014年度第4四半期決算を発表した。売り上げの7割を占めるiPhoneが16%の販売増となり、Appleの売り上げも13.3%伸びた(いずれも前年同期比)。

iPhoneはAppleのビジネスの中心であり、ユーザーとAppleを結ぶ、製品やコンテンツや体験を届けるためのパイプラインとしての役割になっている。

同期の決算では、このパイプラインを生かして、Macの販売台数は552万台に上り、ほとんどデザインを変えていないノート・デスクトップPCが、PC市場全体のマイナストレンドに反して1年間で21%も成長した。逆に、このパイプラインに上手く乗れていないiPadは、タブレット市場が年間11%成長している中で、前年比13%の落ち込み。明暗が分かれる結果となった。

Apple Watchは、iPhoneパイプラインに通すために考えられた初めてのデバイス、と位置づけることができる。Apple Watchは2015年初頭にリリースすることが見込まれており、2015年1-3月期(2015年度第2四半期)決算までには、その初速が見られるようになるはずだ。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Apple Watchは、iPhoneのパイプラインに乗るためのデバイス
(2) まだ“完成品”ではないApple Watch
(3) Apple Watchに搭載された新たなテクノロジー
(4) 「S1」がApple WatchにiPhoneの役割をもたらす
(5) iPhoneの役割を担うには、外部機器が必要
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】好調のアイス市場を牽引する立役者は「昭和生まれ」の“中年”商品!?
[09:30 6/27] 経営・ビジネス
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第6弾はトド松 夏のバイトを始める…
[09:00 6/27] ホビー
【コラム】航空機の技術とメカニズムの裏側 第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
[09:00 6/27] 企業IT
外国人は日本人のお金の使い方、どう思う?
[09:00 6/27] マネー
【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」
[09:00 6/27] 企業IT