【レポート】

Apple Payは米国外で使える? 日本でのサービス開始は? - Apple Payの現状とこれから

1 Apple Payは米国外で使えるか?

 
  • <<
  • <

1/5

米Appleは10月20日(米国時間)、モバイルペイメントサービス「Apple Pay」の提供を開始したが、同サービスは国外でも使えることが確認されている。ここでは、そこから見えてくること、そして、日本でのサービス展開について考える。

オーストラリアやUAEからの報告

Apple Payでのローンチ以降、興味深い報告がいくつか上がってきている。MacRumorsの「Apple Pay Shown to Work Internationally Using U.S.-Based Credit Cards」やApple Insiderの「Apple Pay already works internationally, but only with US credit cards」という記事のタイトルをみればわかるように、Apple Payは米国外でも利用可能なことが確認できている。完全ではないものの、すでにオーストラリアやアラブ首長国連邦(UAE)では互換性が確認されているなど、特に米国限定のサービスではない。ロンドン地下鉄で1ペンスの引き落としが確認できたケースも報告されていたりする

関係者の分析と筆者の推測を合わせれば、ここから推察されるのは、Apple Payそのものは既存のNFC決済インフラをそのまま利用しただけで、特にApple用に特別の決済システムを構築したわけではないということだ。

現在Apple Payについて公式にわかっているのは、決済対応金融機関は米国内の500銀行で、決済ネットワーク間の通信にトークン化を用いるという点くらいだが、ローンチ時にいきなり22万カ所の対応が可能というのも、すでにある決済インフラをそのまま用いたことが大きいと考える。このほか、Appleは銀行から直に決済手数料を徴収するモデルを採用しWal-MartやBest Buyなど一部大手小売店はApple Pay対応計画そのものがないというあたりだろう

10月現在で米国内のApple Pay対応金融機関は500。この数は全米金融機関の1割程度だが、都市部を中心に多くの需要をカバーしていると考える

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Apple Payは米国外で使えるか?
(2) 海外の報告から読み取れること
(3) Apple Payの日本でのローンチは?
(4) 今後のApple Payの動向を考える
(5) Apple Payはどこまで成長できるのか

人気記事

一覧

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (5) HTML5のコメント記述法
[10:00 8/27] 企業IT
お金の使い方は上手ですか? -「安物買いの銭失い」「ときどき爆買い」
[10:00 8/27] マネー
MF文庫J、8月新刊は9タイトル! 『ノゲラ』『アリア』などの最新巻が登場
[10:00 8/27] ホビー
『マジきゅんっ!ルネッサンス』追加キャスト発表! 主人公役は千本木彩花
[10:00 8/27] ホビー
バージョンアップで人間にまた近づいた? - 進化を続ける「ロボホン」が生活を変える!
[09:00 8/27] スマホとデジタル家電