【レポート】

KDDIら12社、スマホで新体験を生みだす「Syn.構想」を発表

1 「Syn.構想」とは?

 
  • <<
  • <

1/4

KDDIらインターネット企業12社は16日、各社のアプリやサービス間をシームレスに横断して利用できるようにする「Syn.構想」を発表した。個別のサービスやアプリに共通UIを導入し、そこから他社のサービスに簡単にアクセスできるようにすることで、新しいユーザー体験の創出を目指していく。今後、さらに参加企業やサービスの拡充を図る予定だ。

Syn.構想の1つ、共通メニューでサイトやアプリを回遊する「Syn.menu」。デモ端末でau端末以外を用意してあるのは、「オープン」を意識したものだろう

各参加企業の代表

「Syn.構想」はなぜ生まれたか

スマートフォンでのインターネット利用者が5,700万人を突破し、拡大の一途をたどっている。インターネット利用の中心がスマートフォンに移っていく中で、多種多様なコンテンツやサービスが提供されているが、スマートフォンアプリだけでも250万以上ある中で、多くのユーザーは「インストールしたアプリは38個で、そのうち使っているのは8個」(KDDI新規ビジネス推進本部担当部長・森岡康一氏)にとどまっているという。

インターネット人口が、スマートフォンによって急拡大している

さまざまなサービスが数多くある中、一部しか使われていない現状に対して、森岡氏は「分断されたインターネットの世界になっている」と指摘。これを解消し、ユーザーには新しいサービスを提案し、サービス企業側には新たなユーザーの導線として、今回のSyn.構想がある。森岡氏は、この構想で「スマートフォン価値倍増計画」を目指すとアピールする。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 「Syn.構想」とは?
(2) 12社で共通UIを導入
(3) 構想はどのような形で具現化されたか
(4) サービスの今後の展開
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー
米Appleに最大130億ユーロの追徴課税、EUがアイルランドに指示
[08:14 8/31] 企業IT