【レポート】

主役はiPadではない? iPad miniは自然消滅の可能性も? - Appleのイベント予想と噂まとめ

1 新型iPadはどうなるのか

 
  • <<
  • <

1/6

米Appleは10月16日(米国時間)、米カリフォルニア州クパチーノにある同本社キャンパスでスペシャルイベントを開催する。9月9日に開催されたイベントではiPhone 6/6 PlusとApple Watchが発表されたが、今回のイベントではiPad新製品ならびに長らく大きな更新のなかったMac関連製品が多数発表されると噂されている。ここでの発表について、現時点での情報を改めて整理してみる。

会場となるApple本社講堂

新型iPadはどのような製品になる?

イベントの目玉の1つになるとみられるiPad新製品は「iPad Air 2」だと考えられる。現行の9.7インチサイズの筐体はそのままに、プロセッサの強化やTouch IDへの対応など、ハードウェア面で順当な進化が進む形だと予想されている。

9 to 5 Macによれば台湾のBlogメディアがiPad Air 2のロジックボードと主張するリーク写真を紹介しており、ここにはA8Xというプロセッサと2GBのエルピーダ製メモリの存在が確認できるという。

もともとは中国でメジャーなTencentのQQというSNSで拡散した写真のようだが、2GBメモリとなると現行Airの2倍にあたり、大幅な増量となる。A8Xは初出だが、おそらくはiPhone 6/6 Plusで採用されたA8と同じ台湾TSMCの20nm製造プロセスが用いられたプロセッサであり、従来同様に主に「グラフィック性能」に比重を置かれた構成になっていると考えられる。

そのため、ベンチマーク等ではこのあたりの性能差が顕著に出るものと予想される。もともと、iPadはiPhoneよりもディスプレイ解像度が高く、より高いGPU性能が求められる傾向がある。ゆえにメモリ増量と合わせてGPU性能の積み増しが行われるのは順当だといえるだろう。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) 新型iPadはどうなるのか
(2) iPad Air 2のディスプレイ解像度が大きく上がる?
(3) iPad miniは自然消滅の可能性も
(4) Yosemite+新Mac製品が主役に!?
(5) iMacはどうなるのか
(6) 最も注目を集めそうなプロダクト

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ