【レビュー】

「GALAXY Note Edge」を速攻レビュー - 特徴の曲面ディスプレイは想像以上に便利な機能だった

1 まずはデザインからチェック

  • <<
  • <

1/6

サムスンは8日、都内で「GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO」と題したイベントを開催し、「GALAXY Note Edge」をはじめとする新製品の紹介とデモンストレーションを行った。「GALAXY Note Edge」は、曲面ディスプレイ「エッジスクリーン」を搭載したモデル。発売は10月下旬、世界に先駆けて日本市場に投入される。「GALAXY Note Edge」を会場で触れることができたので、本稿ではファーストインプレッションレビューをお届けしたい。

GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO

「GALAXY Note Edge」が10月下旬より発売となる

「GALAXY Note Edge」

「GALAXY Note Edge」の外観は、これまでの「GALAXY Note」シリーズを踏襲したものになっている。背面パネルには柔らかい質感のパネルを採用しており、レザー素材は手触りが良く指紋もつきにくい。前面にはメタルフレームを採用し、新たに開発したという強化ガラスを曲面ディスプレイに用いている。質感は上々だ。

曲面になっているのがわかるだろうか

この角度から見るとはっきり曲がっていることがわかる

サイドから見るとこの通り

左サイドは通常の形

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) まずはデザインからチェック
(2) 「エッジスクリーン」は何ができるの?
(3) エッジスクリーンは通知画面やランチャーと、どう違う?
(4) 進化した「Sペン」や「マルチウィンドウ」の使用感は?
(5) インカメラはセルフィー好きにはたまらない仕様に
(6) 「GALAXY Note Edge」はビジネスにもカジュアルにも総合的に使える端末

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事