【レポート】

「ウエアラブル・エプソン」発表会 - 腕時計型デバイスのキーワードは"脈拍"

1 "ウエアラブル・エプソン"

 
  • <<
  • <

1/2

エプソンは2日、ウエアラブルデバイス3機種を発表した。同日に発表会を開催し、高精度な脈拍計測によって多彩な機能を実現した腕時計型の2機種「PULSENSE」「WristableGPS」と、ゴルフスイング解析システム「M-Tracer For Golf」の新モデル「MT500GII」をお披露目した。

発表会に登場したアスリートのみなさん(左から、元Jリーガー 片山真人氏、Wristableランニングアドバイザー 田中正直氏、加圧トレーニングインストラクター 鈴木莉紗氏)

1日を脈でまるごと可視化する「PULSENSE PS-500B」

PS-500Bは、加速度センサーに加えて、独自の高精度脈拍センサーを搭載した腕時計型ウエアラブルデバイス。加速度センサーだけでは体の動きしか計測できず、運動強度や消費カロリーを正確に計測することが難しい。しかし、あわせて脈拍の計測をすることで、体にどのくらいの負荷がかかっているか、という運動強度や消費カロリーをより正確に計測できる。

PULSENSE PS-500B

脈拍を計測することで、睡眠の状態と心の状態をモニタリングする付加機能を実現した。睡眠判定機能では、眠っている間の脈拍推移をモニタリングして、睡眠状態を「浅い」「深い」で判定。脈拍と活動量から睡眠に入ったことを検知して、自動で睡眠モードに切り替える。心の状態を計測する「こころバランス」では、非運動時の脈拍の推移を見て、特に脈拍が高かったところを「エキサイト」、低かったところを「リラックス」として記録。1日の状態を可視化する。

計測データはスマートフォン用アプリ「PULSENSE View」から確認可能だ。アプリでは活動時間や歩数、移動距離、カロリー収支、睡眠状態、こころバランスを管理できる。また、「エキサイト」と判定された時刻、場所、心拍数が自動で保存されるので、その時何があったかなどの詳細をユーザーが後から書き足せるようになっている。

本体サイズはW35×D14×H45mm、重量は44g。対応する腕回りサイズは140-190mm。バッテリーは容量75mAhのリチウムイオン電池で、充電は付属のクレードルで行う。脈拍連続計測時間は約36時間となっている。防水性能として、3気圧防水を備える。メモリを内蔵しており、480時間分のデータを記録可能だ。対応OSはAndroid 4.4以上、iOS 7.1以上、およびWindows Vista/7/8/8.1。

また、PS-500Bのほかに、本体の液晶モニターとパソコンとの連携機能を省略した「PS-100」シリーズも用意する。カラーはブラックとターコイズブルー。両モデルとも発売は11月6日だ。価格はオープンで、エプソンダイレクトショップでの販売価格は「PS-500B」が税別19,800円、「PS-100」シリーズが税別14,800円となっている。

簡易的に計測データを確認できる(写真では歩数を表示)。上部ハートマーク横の数字はリアルタイムで計測されている心拍数

アプリからは6種類の計測データを振り返れる

アプリからは「こころバランス」を確認できる。指で示したオレンジ色のマークは「エキサイト」を表している

胸ベルトいらずで心拍トレーニング - 「WristableGPS SF-810」

SF-810シリーズは、GPSと独自の高精度脈拍センサーを搭載した腕時計型のウエアラブルデバイス。心拍トレーニングでの使用を想定している。従来モデルでは、心拍数を計測するために胸ベルトを巻く必要があったが、このたびのSF-810シリーズでは脈拍センサーの精度を高めることで、胸ベルトの装着が必要なくなった。計測データは、パソコンやスマートフォンからアクセスするWebアプリ「NeoRun」で管理できる。

WristableGPS SF-810

脈拍センサーの精度を高めることで胸ベルトが不要になった

Webアプリ「NeoRun」

本体の厚みは14.2mm、重量は52g。防水性能として5気圧防水を備える。GPS信号測位と毎秒ごとの脈拍計測を同時に行った場合、連続で20時間動作可能だ。メモリを内蔵しており、約70時間分のデータを記録できる。NeoRunの推奨ブラウザはFirefox、Google Chrome、Safariの最新版、Internet Explorer 9以上だ。カラーはブラックとバイオレット。発売は10月17日。価格はオープンで、エプソンダイレクトショップでの販売価格は税別37,800円となっている。

ゴルフスイング解析システム「M-Tracer For Golf」の新モデル「MT500GII」

MT500GIIはゴルフクラブのグリップ部分に取り付けるセンサー。専用ソフトウェアと使用することでユーザーは自分のスイングを解析できる。従来モデルからスイッチボタンの操作性を向上。アプリ、Webサービスともに機能を充実させるなどのブラッシュアップが図られた。

発売は10月8日。価格はオープンで、エプソンダイレクトショップでの販売価格は税込29,800円となっている。

MT500GII

次ページでは、製品コンセプトやテクノロジー、販売戦略についての発表会レポートをお届けする。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) "ウエアラブル・エプソン"
(2) なりたい自分は「脈拍」でコントロール

人気記事

一覧

新着記事

西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ
相鉄いずみ野線、南万騎が原駅周辺地域の住民満足度は - 相鉄不動産が調査
[05:33 6/27] ホビー
西武鉄道・新宿プリンスホテル、電車好き子供と家族の限定宿泊プラン発売へ
[05:23 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで行く婚活ツアー10/22開催 - 海老名駅から乗車し箱根へ
[05:15 6/27] ホビー
小田急ロマンスカーで江ノ島へ「メトロ湘南マリン号」「湘南マリン号」運転
[05:06 6/27] ホビー