【インタビュー】

中条あやみ×森川葵『劇場版 零』対談 - セブンティーンモデルの女優業、仕事との向き合い方

1 2人で挑んだ初めてのキスシーン

 
  • <<
  • <

1/2

中条あやみと森川葵が共演した映画『劇場版 零 ~ゼロ~』が26日から公開をスタートした。人気ホラーゲーム『零』シリーズを原案に、『呪怨 黒い少女』(09年)、『リアル鬼ごっこ3~5』(12年)、『バイロケーション』(14年)などで知られる安里麻里監督がメガホンをとった。舞台は山間にたたずむ女子学園。学園のカリスマ的存在の少女・月守アヤが寄宿舎の自室にこもるようになってから、周囲の生徒が1人、また1人と姿を消していく。

『渇き。』(14年)や『チョコリエッタ』(15年)など話題作が続く森川に対し、中条は本作が初映画で初主演。呪いの当事者と疑われる少女・アヤを中条が、呪いに翻弄される風戸ミチを森川が演じた。ファッション誌『Seventeen』の専属モデルを務める2人。武井咲や桐谷美玲、橋本愛といった今を時めく女優たちを輩出したことでも知られるこの"登竜門"で、2人の才能はどのように育まれているのか。今回の対談では、それぞれの魅力と共に仕事と向き合う姿勢も自然と見えて来る。

映画『劇場版 零 ~ゼロ~』で共演した中条あやみ(左)と森川葵
撮影:大塚素久(SYASYA) ヘアメイク:小林真由(MARVEE)

――中条さんは、映画初出演で主演。森川さんは現場で、どのような印象を抱きましたか。

森川葵(以下森川):私が言うのも何なんですが、すごく堂々としてて。常に全力というか。監督のいうことに対して応えようという気持ちをすごく感じました。

中条あやみ(以下中条):いやぁ…ジタバタしてましたよ(笑)。心の中ではすごく焦ってました。地方ロケがあったりすることもあって、撮影は台本の順番と関係なくバラバラです。役的にも前半の閉じこもっている時はミステリアスですが、後半は自分の意志が見えてきます。そうやってキャラが違うので、演じ分けることが難しくて。ちゃんと場面に合った演技をするようにと監督から怒られることもありました。

――いきなりの大役ですからね。監督の期待も多きかったはずです。

中条:映画に出たかったので最初にお話をいただいた時はうれしかったんですけど、他の人より演技経験が少ない分、『がんばらないと』という思いがありました。その上、さらに怒られたりして…心では分かってても体が動かなかったりすることが悔しかったです。

――森川さんも、最初の映画が初の主演でしたね。気持ちは分かりますか。

森川:作品の規模が全然違いますので、プレッシャーも全然違うと思います。その映画は、ひたすら走っているだけだったので、何にも心配することがなかったんですよ(笑)。

――お二方はセブンティーンのモデルを務められています。森川さんが先輩にあたるわけですが、初対面の印象は?

中条:私が入ってすぐの2011年頃で…その時から小っちゃかったので(笑)。

森川:うるさいよ(笑)!

中条:かわいらしい先輩だなと思ってました。その時は小悪魔みたいな魅力があって、男子にモテそうな小動物キャラでした。

森川:そっちこそ、静かなお人形さんみたいだったよ。全然、印象違います。すっごい面白いです(笑)。

中条:あなたもです(笑)。

――舞台あいさつなどで中条さんのことを「天然キャラ」とおっしゃっていましたが。

中条:私は変わっていると自分自身では思ってないんですが…。

森川:この顔で急に関西弁しゃべり出したりするんですよ。そこからなんか違うというか。

――モデルなどの現場で接する機会はあるんですか。

森川:セブンティーンの時は…。

中条:たまにだよね。

――普段の会話は敬語?

中条:わりとゴチャゴチャだよね(笑)。

森川:たまに(敬語を)使ってきます。

――例えば同じセブンティーンモデルの西内まりやさんとかだと敬語になるんですか。

中条:ゴチャゴチャです(笑)。

森川:私は完全に敬語。たぶん、お互いの距離感によって変わるんだと思います。私は、まりやちゃんと会う機会が全然ないので敬語なんですけど。

中条:私は結構会います。プライベートでも仲良くさせていただいているんですが、友だちというよりも頼れるお姉さんという感じです。

――じゃあ、中条さんと森川さんの距離感は近いわけですね?

中条:たぶん…近いと…。

森川:なんで、"たぶん"なの(笑)。

――そんな2人のキスシーンがありましたね。撮影はどのような雰囲気で行われたんですか。

中条:生徒から石を投げられて部屋のガラスが割れるシーンの直前の撮影は張り詰めていたんですけど、その後は全然違いました(笑)。現場に入る前から『私たちキスシーンするんだよね』と話していたので、どんなシーンになるのかなと思ってましたけど、やってみたら割りとライトに。スッて終っちゃったよね(笑)?

森川:うん(笑)。

中条:こんなちょっとでいいの?みたいな感じでした。いろんな角度から撮っていたので、何回かはしたんですけど、でもカメラの位置を変えて本番になったら、ほぼ一発で撮り終えていました。

――これまでキスシーンを経験したことは?

中条:初めてでした。

森川:私はシーン自体はありますけど、ギリギリのところで止めていたので初めてになります。

中条:2人共、女の子が。

森川:初めて(笑)。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 2人で挑んだ初めてのキスシーン
(2) 森川「模索中」 中条「目標は大きく」

新着記事

jealkb、ライブで異例の新曲2回披露! haderu「CDのありがたみわかった」 [08:30 9/28]
SMAP・香取慎吾、CM説明会で見せた関係者への気配りとお茶目な姿 [08:00 9/28]
ココリコ、ガムを噛みながら打席に入る"メジャー級"の中学同級生が登場 [07:00 9/28]
平井理央、"優良物件"のような同級生登場 - グループ交際でディズニーにも [07:00 9/28]
[野沢直子]芸を磨くため渡米……芸能活動休止の理由はうそだった [06:00 9/28]
[内田理央]男性、女性視点の写真集が2冊同時発売 ビキニや入浴シーンで大胆露出 [06:00 9/28]
内田理央、お尻ヌードや入浴シーンを大胆披露! 写真集2冊同時発売 [06:00 9/28]
野沢直子、芸能活動休止の真相告白「天才を目の当たりにして海外に飛んだ」 [06:00 9/28]
[昼顔]上戸彩&斎藤工の“不倫ドラマ”が映画化 濃密ラブシーンも [05:00 9/28]
島崎遥香は撮影初日から"デカ長のたたずまい" 『ナシゴレン課』共演者発表 [05:00 9/28]
[香取慎吾]「ファンに一言」の呼びかけに立ち止まるも… 本心明かさず [04:00 9/28]
香取慎吾、宮城米食べすぎ「スーツのサイズが…」 - 料理長のお腹モミモミ [04:00 9/28]
[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!” [00:00 9/28]
[岡田結実]恋愛には興味なし? 「人生を豊かにする調味料の一つ」 [22:31 9/27]
[工藤夕貴]“山ガール”がドラマ「山女日記」で主演 [22:17 9/27]
[貞子]女優・三田佳子に“変身” [22:05 9/27]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT

本音ランキング