【レビュー】

お手頃価格! 3万円台のWindowsタブレット - 「10P1100T-AT-FE」を試す

1 すっきりとシンプルなタブレット

 
  • <<
  • <

1/2

ユニットコムグループのショップである、パソコン工房には仕様を固定することで即座に入手可能な「即納パソコン」というカテゴリがある。その「即納ノート」の1モデルとして販売されているのがiiyama PCブランドの「10P1100T-AT-FE」だ。10.1型ディスプレイを搭載したWindowsタブレットの、通販限定特価は3万9,980円(税別)。お手頃価格で手に入る1台の実力を試してみよう。

10P1100T-AT-FE

すっきりとシンプルなタブレット

「10P1100T-AT-FE」の見た目は、ごくシンプルなWindowsタブレットという印象だ。10.1型で光沢のあるグレアタイプのディスプレイを搭載しており、当然タッチ操作に対応している。ディスプレイベゼル部分が黒で、横長に持った時の下側にタッチで使うWindowsボタンがあり、上側にWebカメラが埋め込まれているというのも一般的なつくりだ。

本体サイズはW258×D173.2×H10.8mmで、重量は約670g。片手でも楽に持てるサイズと重さであり、バッグに入れて持ち運ぶのも苦にならない。立ったまま使う時には、腕に載せるようにして使えば十分安定させることができる。

側面の中程から背面はマットな素材を採用していて、さらさらとした手触りになっている。浅い黒色の素材で、中央にはシルバーでロゴが入り、他にも各種ロゴやマークがプリントされている。少々無骨な雰囲気ではあるが、目にうるさいようなデザインではない。角は丸くとってあるが、その径が小さいためすっきりと印象になっている。

モバイルマシンだけに持ち歩くことを考えた時、この素材感はなかなかよい。素手で持った時にすべりやすいことや、ベタベタすることもないので、不快感なく持てるのはうれしいところだ。突起などもないため、手にあたったり、バッグへの出し入れで邪魔になるという心配もない。

ディスプレイ側にあるカメラのちょうど裏側になるところに、アウトカメラも装備している。カメラはイン/アウトともに100万画素だ。本体背面左右の中程には、スピーカーが配置されている。

10.1型のグレアタイプタッチ対応ディスプレイを搭載

背面はマットな素材にシルバーのロゴが入り、スピーカーやアウトカメラが配置されている

フルサイズUSBポートの存在がうれしいインタフェース群

小型のタブレットだけに、インタフェースは最小限に絞り込まれている。横持ちにした時に本体上部の側面に並ぶのは、内蔵マイクや充電用端子の他に、ヘッドフォンジャック、USB3.0ポート×1とMicro HDMIポート×1だけだ。メディアスロットに関しては、本体右側の背面あたりにmicroSDカードスロットがある。

必要最低限のインタフェースではあるが、フルサイズのUSBポートが存在するというのは実にうれしいポイントだ。ちょっとしたデータ移動にUSBメモリを使用できるのに加え、キーボードやマウスといった周辺機器についても、モバイル用のBluetooth接続タイプをわざわざ用意する必要がなく、所持しているものをそのまま繋ぐこともできる。

本体の下側となる面にはマグネット端子があるが、後日発売されるキーボードセットモデル「10P1100T-AT-FS」に付属する、着脱式キーボードと接続するためのものだ。もし頻繁にキーボードを使用するならば、そちらを選ぶのもよいだろう。

本体右側面には、画面回転機能のロックができるボタンと、音量コントロールボタンがある。反対の左側面には、電源ボタンがついている。大きく張り出しているわけではないが、しっかりと押し応えのある物理キーのおかげで、操作はしやすかった。

インタフェースは本体上側に集中している

電源コネクタ、USB3.0ポート、Micro HDMIポート、ヘッドフォン端子がある

本体下側のマグネットタイプの端子は、キーボードセットモデルで着脱式キーボードとの接続に使われる

本体左側面には回転ロックボタン、音量コントロールボタンがあり、背面に回り込んだところにmicroSDカードスロットを設置

電源ボタンは本体左側にある

ディスプレイはIPS液晶を搭載

搭載されている10.1型ディスプレイの解像度は、1280×800ドットだ。高解像度というわけではないが、本体サイズ的には、文字のサイズなどがちょうどよい具合に表示される。色調は鮮やかで、見やすかった。

パネルは視野角の広いIPS液晶パネルを採用している。斜めの位置から見てもあまり色調の変化がなく、移動中の動画鑑賞や、数人に画面を見せてプレゼンテーションを行う場合など、正面から見られない環境でも快適に利用できるのもうれしい。

タッチは10点対応のマルチタッチだ。反応や指すべりもよく、こちらも快適であった。OSはWindows 8.1 with Bingを採用しており、タッチ操作に向いているため特に不自由なく利用できる。

ディスプレイ解像度は1280×800ドット

視野角の広いIPS液晶パネルを採用している

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) すっきりとシンプルなタブレット
(2) Microsoft Office 2013もついてお得!

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、ミニ朗読劇の第四章を公開
[00:06 7/2] ホビー
【コラム】Windows 10ミニTips 第96回 OneDriveにアップロードできるファイルサイズ
[00:00 7/2] パソコン
『ジョジョ』第4部、第14話の先行場面カット&あらすじを公開ッ!
[23:52 7/1] ホビー
[今週シネマ]1、2日公開の映画 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」「セトウツミ」「全員、片想い」…
[23:49 7/1] エンタメ
[DOCUMENT OF KYOSUKE HIMURO]氷室京介がライブ無期限休止を決断するまでを追う
[23:38 7/1] エンタメ