【レポート】

『HERO』新旧ヒロイン徹底比較! 松たか子の雨宮と北川景子の麻木、2人の共通&相違点とは?

22日に最終回を迎えるドラマ『HERO』(フジテレビ系 21:00~)。この2カ月半さまざまな話題を提供し、視聴率も20%前後をキープし続ける中、ずっと噂されていたのは「雨宮舞子(松たか子)の再登場はあるのか?

初回で雨宮が念願の検事になれたことは明かされたものの、恋愛面では久利生(木村拓哉)が「全部が全部うまくいくわけないでしょ」と意味深な発言をしただけで、「つき合っている」とも「別れた」とも言わなかった。そのため、「検事になって別れた」「恋人同士だけど離れ離れで会えないだけ」「実はもう妻になっている」などの臆測や願望が飛び交っている。

同時に、初回から終始飛び交っているのは、「雨宮舞子と麻木千佳(北川景子)のどちらが好きか?」という論争。当初は「雨宮のいない『HERO』なんて……」という声が圧倒的だったが、徐々に「麻木の方が久利生に合ってる!」という声が増え、今やほぼ互角か。今回は新旧ヒロインを比べながら、共通点や相違点を挙げていく。

『HERO』シリーズで雨宮舞子を演じた松たか子(左)と麻木千佳を演じた北川景子

開運ペンダントとサンバDVDボックス

まず年齢は、雨宮がシリーズ当時24歳(現在37歳の設定)、麻木が28歳。久利生との年齢差は、雨宮が3歳、麻木が12歳。恋人としてつり合うのは雨宮だが、自由奔放かつアンチエイジングの久利生なら、ひと回り年下の麻木でも違和感はない。

次に人柄は、雨宮が「超マジメで堅物"見た目への関心が低い"」内向き系、麻木は「一般OLに近いが実は元ヤン"自他ともに認める美人だと思っている"」外向き系。一見、対照的な2人に共通しているのは、「くじけてもすぐに立ち上がる」「怒らせたら怖い」ところ。物腰の柔らかい久利生とは対照的に、どんなお偉いさんや怖い凶悪犯にも「物申す」男勝りなところがある。

仕事に対する思いは、雨宮が「担当を掛け持ちしてでも検事になりたい」「自立したキャリアウーマンに憧れる」、麻木は「仕事だと割り切っている」「たまたま試験を受けただけ」で、ここが最大の違いと言える。麻木は絶対に「仕事が好き」なんて言わないし、「私も検事になりたい」なんて思わないのだ。

その他、雨宮は大酒飲み、麻木は大食い。雨宮は少林寺拳法の使い手でK-1好き、麻木は元ヤンで口は強いが腕っぷしは弱い。通販で買ったのは、雨宮が「開運ミラクルペンダント」、麻木が「『世界のカーニバル』DVDボックス」。どちらも強弱両面があってキャラの濃さは、ほぼ五分か。

麻木の決めゼリフは独占欲の現れ

気になる恋愛面でも、2人の間に微妙な差が現れている。2人が襲われたときの様子を振り返ってみると、雨宮は久利生の後ろに隠れただけだったが、麻木は久利生が痛がるくらいギュッとしがみついていた。その表情も、怖がっている顔を見せたがらない雨宮に対し、元ヤンなのに思い切り怖そうな顔を見せる麻木。圧倒的に麻木の方が甘え上手で、男心をくすぐるツボを知っている。

たとえば、麻木はしがみついただけでなく、久利生のお尻をポンとたたくなど、スキンシップの描写がいくつかあった。確信犯なのか、好意が態度に出てしまうタイプなのか。いずれにしても、処女然とした振る舞いの雨宮より、自ら「木更津のような小さな地方都市では、かわいい子は目立って男の子全員が目をつける」と話し、「実家の八百屋を継いだ元カレのマサル」がいた麻木の方がモテそうなことは確かだ。

恋のライバルを比べてみても、江上(勝村政信)が雨宮を好きになったのは「相談されたことを恋愛感情とカンちがいしたから」だが、宇野(濱田岳)が麻木を好きになったのは特に理由がない。つまり、特に何もしなくてもホレさせてしまったのだろう。

一方、久利生からかけられた甘い言葉を振り返ると、雨宮の「オレがそばにいてやっから」に対し、麻木は「一人じゃ帰れねえだろ。送っていくわ」「(熱がある麻木の首筋をさわって)おやすみ」と圧倒的に雨宮の勝ち。さらに、新シリーズ第1話で久利生は、「こんなんじゃ絶対ツッコまれるって。あいつ(雨宮)は言ってくるんだろうな~、『もうあきらめちゃうんですか?』って」と話すように、完全に心がつながっている。

麻木はことあるごとに「私は久利生検事の事務官ですから」を連発しているが、これはかつて雨宮が言っていたフレーズ。「久利生のパートナーは私よ!」という独占欲なのか、それとも、2人を比較したがる"世間という見えない敵"と戦っているのか。

江上役の勝村政信(左)と宇野役の濱田岳

「3代目ヒロイン」はあの人の娘を希望

男性から見たら、雨宮は「男性的な上昇志向の塊に見えて、実は乙女心がある」ツンデレ、麻木は「清楚で女性らしく見えて、実は男性以上にケンカっ早い」デレツン。似ているようで違うし、違うようで似ているのだ。2人とも、「押しと引き」「男前と女らしさ」の両面があり、久利生のパートナーとしては甲乙つけがたいものがある。

ただ、久利生は検事の仕事以上に、恋愛面の方が型破り。かつて仕事に没頭して雨宮を6年間も放置し、映画版のラストでようやくキスをしたくらいだから、そう簡単に恋が進むことはない気がする。その観点から、もし数年内での続編があるのなら、久利生の担当事務官は、やはり麻木の続投か。

『HERO』は新旧作品とも確固とした"型"があって、そこから逸脱することはないのだが、もし続編があるのなら、「雨宮が検事として城西支部に帰ってくる」、あるいはより衝撃的に「麻木と宇野が結婚する」くらいのサプライズが見たい。その場合、久利生と新コンビを組むのは、ギャルか、オタクか、元キャバ嬢か。突き抜けたキャラであることは間違いないだろう。「パパでちゅよ~」と話しかけていた芝山(阿部寛)の娘だったら面白いのに。

『HERO』各話のレポート
第1話 ついにはじまった『HERO』第2シリーズ、キャラクタードラマが進化! 深化!! 前作との違いを検証
第2話 主役は「復活の早い元ヤン」麻木! ラストカット"正義の女神"に込められた意味とは?
第3話 前シリーズの名作をアレンジ! 最後のTシャツに隠しメッセージ?
第4話 「ヒロインを守る」久利生が帰ってきた! 次は松たか子か阿部寛か、それとも飯島直子か?
第5話 松重豊のコワモテ七変化! ラストシーンでは木村拓哉に"鬼尻"が降臨
第6話 "選ばれし者"たちの共演! 実は特捜部の"石黒犬"もヒーローだった
第7話 久利生の恋愛とバカンス! 一番お似合いなのは北川景子? 松たか子? それとも…
第8話 「カッコイイ」久利生のショーケース! フィナーレに向けたカウントダウンか
第9話 背番号に込められた意味とは? 第9話はチームと見せかけて久利生の個人技が炸裂!
第10話 久利生が「よろしこ」を封印したワケとは? 第10話は、最終回への壮大な前振り
■木村隆志
コラムニスト、テレビ・ドラマ評論家、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴する重度のウォッチャー。雑誌やウェブにコラムを提供するほか、取材歴1000人超のタレント専門インタビュアーでもある。著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事