【レビュー】

より高機能かつスタイリッシュに生まれ変わった新型「PEN」 - 「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」実写レビュー

1 高品位ながら親しみやすさを感じるレトロデザイン

 
  • <<
  • <

1/4

小型軽量のミラーレスカメラ、オリンパス「PEN Lite」シリーズの最新作として「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」が登場した。クラシックカメラ風のデザインを上位の「PEN」シリーズから継承しつつ、独自の下開き液晶モニターや、「OM-D E-M10」ゆずりの3軸手ブレ補正機能を搭載したモデルである。その実写レビューをお伝えする。

「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」レンズキット

関連記事
オリンパス、自分撮りとスマホ連携を強化した「OLYMPUS PEN Lite E-PL7」(2014年8月28日)

まずは外観を見てみよう。ボディは、高さを抑えたやや横に長い長方形デザインを採用する。昨年6月に発売された既存モデル「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」に比べた場合、ボディの幅と高さ、奥行きはそれぞれ若干増え、重量は32gほどアップした。

これまでの同シリーズとデザイン上で大きく異なるのは、ボディの前面から両側面にかけてを、ややソフトな感触を持つ革風の素材で覆ったこと。見た目の印象は、昨年5月に発売された上位モデル「OLYMPUS PEN E-P5」に近い。

【左】マイクロフォーサーズマウントを採用。グリップは固定式となった 【右】液晶モニターはタッチパネル対応の3型TFT。EVFはオプションとなる

加えて、E-P5とのデザイン上の共通点として、従来はメーカー名だけだった前面のロゴが「OLYMPUS PEN」というブランド名の表記になったことや、レンズ取り外し用のボタンが四角い形状から丸形になったことも挙げられる。全体としては、適度に高品位な雰囲気を漂わせつつ、親しみやすさも感じるデザインだ。

ボタンやダイヤルなどの操作部についても、E-PL6からさまざまな変更が見られる。特に大きいのは、背面の十字キーのまわりにあったコントロールダイヤルが、天面のシャッターボタンのまわりに移動したこと。また再生ボタンと消去ボタンの位置は、従来の背面左上から右下へと移った。これによって、再生の操作が右手だけで素早く行えるようになった。

【左】シャッターボタンのまわりに大きなコントロールダイヤルを装備。操作感はスムーズだ 【右】液晶モニタは上下方向へのチルト可動式を採用。アングルの自由度は高い

【左】ボタン類は右手側に集中配置。ボタンはかなり小さいが特に押しにくくはない 【右】付属する電池は新型の「BLS-50」。従来の「BLS-5」も使用できる

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 高品位ながら親しみやすさを感じるレトロデザイン
(2) 自分撮りが楽しめる下開きタイプの液晶モニター
(3) 強力な3軸手ブレ補正と多彩なエフェクト機能を搭載
(4) 撮ることを気楽に楽しめる多機能なスナップカメラ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「辻利 宇治本店」が宇治に旗艦店--古民家にここだけの飲みくらべセットも
[05:30 9/28] 趣味
“ぱるる”に6人の個性派俳優たちが濃密に絡む!
[05:00 9/28] エンタメ
[昼顔]上戸彩&斎藤工の“不倫ドラマ”が映画化 濃密ラブシーンも
[05:00 9/28] エンタメ
島崎遥香は撮影初日から"デカ長のたたずまい" 『ナシゴレン課』共演者発表
[05:00 9/28] エンタメ
[香取慎吾]「ファンに一言」の呼びかけに立ち止まるも… 本心明かさず
[04:00 9/28] エンタメ