【レポート】

iPhone 6/6 Plus、9月19日午前8時から発売 - アップルストア表参道には1,000人以上の列

9月19日午前8時から、iPhone 6およびiPhone 6 Plusの販売が開始された。

アップル自らが「iPhone史上最大の進歩」と呼ぶ今回の新製品は、消費増税前の特需による反動で、低迷を続ける電機業界にとっても、市場活性化の起爆剤になりうる大型商材との期待感が強く、都内の大手量販店では、開店時間を午前8時ら前倒しし、発売記念イベントを実施するなど、発売初日から力の入った対応を行った。また、大手キャリアにおいても主要直営店で午前8時からiPhone 6およびiPhone 6 Plusの販売を開始した。

東京・表参道のアップルストア表参道では、販売開始の午前8時時点で1,000人以上が列を作り、その列は国道246号線の南青山三丁目交差点にまで延び、アップルストア表参道の最寄り駅である地下鉄表参道駅の次の駅となる外苑前駅にまで、まもなく到達するところだった。列の長さは、700メートルを超えていただろう。

アップルが発売したiPhone 6およびiPhone 6 Plusは、それぞれ4.7インチと5.5インチのRetina HDディスプレイを搭載。従来モデルに比べてディスプレイサイズを大きくしたのが特徴だ。

酸化皮膜処理したアルミニウムを使用したディスプレイ部のガラスから継ぎ目なくつながるユニボディ筐体が特徴で、iPhone史上、最も薄いデザインにより、ディスプレイが大きくなっても持ちやすく、使いやすい仕様となっている。さらに、A8チップの搭載や最新OSであるiOS 8の搭載。先進のiSightカメラやFaceTime HDカメラなども搭載している。

先頭グループに並んだ東京都渋谷区在住の自営業の男性はiPhone 6を購入。「思ったよりも薄くて、軽い。これならば、画面の大きいiPhone 6 Plusでもよかったかもしれない。まずはひと通り触ってみて、大きい画面を楽しみたい。今日一日使い倒したい」と語った。

写真でアップルストア表参道の様子をみてみよう。

アップルストア表参道の最前列

スタッフの撮影に応じる人たちも

表参道駅の前から列は国道246号に入る

長蛇の列はずっと続き、店舗オープン時を超える長さに

列は南青山三丁目交差点で一度キラー通りに入る

NTTドコモ青山店の前にもアップルストア表参道の列が続く不思議な光景も

そして列は戻って、改装中のベルコモンズの前まで

地図でみると、まさにひと駅分の列ができていたことがわかる。伊藤病院の反対側がアップルストア。南青山三丁目の交差点まで列がつづいた

恒例となるスターバックスのコーヒーを配布

列の先頭にはスティーブ・ジョブズ氏のコスプレユーザーも

報道陣もスタンバイする

発売5分前にはスタッフが店内を盛り上げる

いよいよ発売。カウントダウンで販売開始

最初のグループが店内に入る

最初の購入者がiPhone 6を手に出てきた

男性は「思ったよりも薄くて、軽い」とiPhone 6を評価

ソフトバンク原宿の午前7時の様子

男ソフトバンク原宿では午前7時の段階で150人以上が並んだ

ソフトバンクでは「アメリカ放題」の号外を配布

au直営店のKDDI デザイニングスタジオでも人が並んだ

人気記事

一覧

新着記事