【レビュー】

第2世代Maxwellベースの「GeForce GTX 980」を試す - 新旧ハイエンドとの比較で実力を探る

1 Maxwell世代でもハイエンド製品が登場

 
  • <<
  • <

1/6

米NVIDIAは18日(現地時間)、デスクトップ向けGPUの新モデル「NVIDIA GeForce GTX 980」「NVIDIA GeForce GTX 970」を発表した。GPUコアに第2世代"Maxwell"アーキテクチャをベースとしたGM204コアを採用したハイエンドモデルとなる。今回、「NVIDIA GeForce GTX 980」を入手できたので、前世代のハイエンドモデル「NVIDIA GeForce GTX 780 Ti」や、競合となる「AMD Radeon R9 290X」との比較を通じて、パフォーマンスを確認したい。

NVIDIA GeForce GTX 980

GeForce GTX 980は、電力当たりのパフォーマンスを重視した"Maxwell"(開発コード名)アーキテクチャをベースとした製品だ。しかし、NVIDIAが2014年2月に発表した「GeForce GTX 750 Ti」「GeForce GTX 750」では、第1世代"Maxwell"のGM107コアを採用したが、GeForce GTX 980では第2世代"Maxwell"のGM204コアを採用する。

GM204のダイ

第2世代Maxwellでは、新たなメモリ圧縮技術を採用し、メモリの利用効率を高めた。GeForce GTX 980では7.0GbpsのDRAMを採用するが、メモリ圧縮技術により9.2Gbps相当のパフォーマンスを発揮できるとNVIDIAは説明する。

メモリ圧縮技術によりメモリの使用効率を高める。それがパフォーマンスが向上する

また、より処理が軽いアンチエイリアス技術「MFAA」(Multi-Frame sample Anti-Aliasing)や、細い植物の描写など細やかな表現が可能な「DSR」(Dynamic Super Resolution)といった技術に対応する。各技術に関する詳細は解説は別稿で改めてお伝えする予定だ。

基本的なアンチエイリアスの仕組みについてはこちらのレポート記事を参照してほしい。MFAAはMSAAと同じ効果を得られるが、処理速度は30%高速になるという

「DSR」(Dynamic Super Resolution)。4K解像度でレンダリングし、画面出力時に1080pディスプレイなど、実際に使っているディスプレイ解像度にダウンスケールする。これにより草の先などの細やかな表示を行う

さて、スペックを細かく見ると、プロセスは前世代と変わらず28nm。Maxwellでは、32基のCUDAコアで構成されるブロックを4つまとめて1基のSMM(Streaming Multiprocessor Maxwell)としている。GM204では16基のSMMを備えており、つまり2,048基のCUDAコアを搭載する。

GeForce GTX 980のブロックダイヤグラム

前世代である"Kepler"(開発コード名)世代のハイエンドモデルとのスペック比較は以下の通り。

■既存モデルとのスペック比較
モデル GeForce GTX 980 GeForce GTX 970 GeForce GTX 780 Ti GeForce GTX 780 GeForce GTX 680
アーキテクチャ Maxwell Kepler
ベースコア GM204 GK110 GK104
製造プロセス 28nm
トランジスタ数 52億個 71億個 35.4億個
GPC数 4基 5基 4 or 5基 4基
SM数 16基 13基 15基 12基 8基
CUDAコア数 2048基 1664基 2880基 2304基 1536基
ROP数 64基 48基 32基
テクスチャユニット数 128基 104基 240基 192基 128基
GPUベースクロック 1126MHz 1050MHz 875MHz 865MHz 1006MHz
GPUブーストクロック 1216MHz 1178MHz 928MHz 900MHz 1058MHz
メモリクロック 7000MHz 7000MHz 7010MHz 6008MHz 6008MHz
メモリタイプ 4GB GDDR5(256bit接続) 4GB GDDR5(256bit接続) 3GB GDDR5(384bit接続) 3GB GDDR5(384bit接続) 2GB GDDR5(256bit接続)
TDP 165W 145W 250W 205W 195W
補助電源ピン 6ピン×2 8ピン×1、6ピン×1 6ピン×2
出力端子 DL DVI×1、DisplayPort×3、HDMI×1 DL DVI×2、DisplayPort×1、HDMI×1

GeForce GTX 780 Tiの2,880基と比べるとCUDAコア数は減っているが、ROP数が48基から64基と増加したことに加え、動作周波数を引き上げられている。特筆すべきはTDPでGeForce GTX 980では165W、GeForce GTX 970では145WとGeForce GTX 780 TiやGeForce GTX 780と比べてかなりひき下げられている。この当たりがパフォーマンスにどう影響してくるのか気になるところだ。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) Maxwell世代でもハイエンド製品が登場
(2) 機材とテスト環境の紹介
(3) ベンチマーク結果 - 3DMark 1.3.708
(4) UNiGiNE Heaven 4.0 / UNiGiNE Valley 1.0
(5) ゲームタイトルを利用したベンチマークテスト
(6) 消費電力とまとめ

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ほっともっと、野菜とスーパーフードが入った「20品目の彩り弁当」発売
[15:40 8/26] ヘルスケア
キャリーケースに猫が入ってくれない! どうすればいい?
[15:39 8/26] 趣味
有吉弘行、生放送で熱愛報道イジられ「私事ですが、本日…」
[15:31 8/26] エンタメ
ASUS、奥行き18.1cmのスリムな21.5インチ一体型デスクトップPC
[15:22 8/26] パソコン
広島県名物「もみじ饅頭」のお酒があるって、知ってた?
[15:19 8/26] 趣味