【レポート】

NTTドコモ、1.7GHz、1.5GHz帯を全てLTEに! 「フルLTE」構想を発表 - iPhone 6/6 Plus対応

1 ドコモのネットワークは「広さ」「安さ」「快適さ」の3本柱

 
  • <<
  • <

1/5

NTTドコモは17日、ネットワーク戦略に関する説明会を開催した。「広さ」「速さ」「快適さ」の3つを軸として通信品質の向上に取り組み、1.7GHz帯、1.5GHz帯をLTEフルレーンとして拡充する「フルLTE」戦略を発表。iPhone 6/iPhone 6 Plusでも東名阪で150Mbps、それ以外の地域でも112.5Mbpsに対応する。

取締役常務執行役員 ネットワーク部長の大松澤清博氏

NTTドコモがLTEネットワークへの取り組みとして掲げる柱が、「広さ」「速さ」「快適さ」の3つだ。説明会に登壇した取締役常務執行役員 ネットワーク部長の大松澤清博氏はまず、「広さ」について13年度第4四半期に55,300局だったLTE基地局が、14年度第2四半期には77,000局に増加したことを報告。さらに14年度末には95,300局まで拡大する見通しであることを発表した。

14年度末には95,300局まで拡大する見通し

NTTドコモが運用しているFOMAの基地局数が約110,000局であることから、大松澤氏は「14年度末には、Xiの基地局数がFOMAとほぼ同等になる」と強調。この点について記者から、「Xiは屋内ではFOMAよりもつながりにくい場合があるが、それも解消されるのか」という質問があったが、大松澤氏はこれに「屋内についてもほぼ同等になると見ている」と見解を述べた。なお、人口カバー率に関しては、新基準で99%に達するという。

FOMAの基地局数と同等になったという

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) ドコモのネットワークは「広さ」「安さ」「快適さ」の3本柱
(2) 「フルLTE」で「速さ」を追求
(3) 場所や利用状況に応じて周波数帯を組み合わせ高速通信を実現
(4) 「パケ詰まり」をなくして「快適さ」を追求
(5) わかりにくい「お客様満足度調査」に厳しい意見も
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Parrot、ドローン「Bebop 2」にHDMとコントローラをセットにしたFPVパック
[19:07 9/28] スマホとデジタル家電
『双星の陰陽師』10月新主題歌はlolとGIRLFRIENDが担当
[19:00 9/28] ホビー
マリリン・モンローのあのミンクのストールがオークションに
[18:59 9/28] エンタメ
予防・検知からインシデント対応までサポート「InfoTrace Mark II for Cyber」
[18:54 9/28] 企業IT
ASUS、6GBのRAMを内蔵するハイエンドな「ZenFone 3 Deluxe」10月下旬発売
[18:53 9/28] スマホとデジタル家電