【レポート】

ソフトバンク、iPhone 6/6 Plusの顧客をめぐりNTTドコモらと徹底抗戦の構え - 新サービス発表会

1 新サービス「アメリカ放題」を発表

  • <<
  • <

1/5

ソフトバンクモバイルは17日、都内で新サービス発表会を行い、同社副社長 兼 COOの宮内兼氏が登壇した。同氏は、アメリカ本土やハワイにおいて、音声通話やデータ通信が日本国内と同等の利用料金で利用できる「アメリカ放題」を発表したほか、19日に発売される新型iPhone「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」の販売戦略等について語った。

宮内氏は、「本日はサービスの面での“シナジー”を発表したい」と前置きし、新サービス「アメリカ放題」についての概要を解説した。

宮内氏

「アメリカ放題」

「アメリカ放題」は、米スプリント・コーポレーション(以下スプリント)のネットワークにおいて、ソフトバンクユーザーが、日本国内と同等の料金で音声通話、データ通信が利用できるサービス。19日より提供を開始する。対応機種は「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の2機種となっている。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 新サービス「アメリカ放題」を発表
(2) 「アメリカ放題」は“大きな”発表
(3) 新型iPhoneの価格は「徹底的にやる」
(4) 満足度ナンバーワンの通信環境
(5) 「アメリカ放題」がiPhone 6/6 Plusのみの対応の理由とは
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事