【ハウツー】

なぜ、新型iPhoneの情報は流出するようになったのか

1 秘密主義からの転換に迫られたApple

 
  • <<
  • <

1/2

以前までのAppleであれば情報流出に非常に神経質で、リークさせた関係者には厳しいペナルティが待っているともっぱらの評判だった。鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry)での自殺騒動や物々しい警備体制などが大きな話題にもなった。この状況は現在でもそう変わりないと思われるが、少なくともiPhone 4S以降くらいの時期から、少しずつ環境が変化しつつあるように思える。まずiPhone 5では筐体デザインやスペックが比較的早い時期からネット上に流れ、その内容の正確さに驚いた記憶がある。

筆者の推測だが、これはiPhone 4SぐらいのタイミングからiPhoneの年間販売台数1億突破が見え、サプライチェーンを拡大する必要性に迫られ、それが理由で流出する可能性が増大したという嬉しくも悲しい相関関係が存在すると考えている。

実際、iPhone 5関連で事前の正確な情報リークが急増したが、Appleが同時期に新規で増やしたサプライチェーン筋から集中的に漏れたという話を聞いている。Appleは部品の安定供給のためにマルチソース化(同じ部品を複数ベンダーから同時調達すること)のほか、膨大な初期投資が必要で製造難易度の高い部品については大規模投資を行って必要数量確保に向かうなど、以前に比べて動きが外部から把握されやすくなっている。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 秘密主義からの転換に迫られたApple
(2) 将来計画も丸見えに
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[宮沢りえ]黒のシースルードレスで華やかに 「ジャングル・ブック」歌舞伎座プレミア
[22:12 7/27] エンタメ
デルのゲーミングブランド「ALIENWARE」 - その歴史、思想、戦略
[21:41 7/27] パソコン
サイコム、GeForce GTX 1070をSLIで搭載した超ハイエンドゲーミングBTO
[21:40 7/27] パソコン
逆柱いみりの画集「蜃楼紀」発売、台湾での個展を記念し
[21:37 7/27] ホビー
[松本幸四郎]歌舞伎座で初の洋画プレミアイベント開催に感慨 「感無量でございます」
[21:35 7/27] エンタメ