【レポート】

Bluetooth SIGが最新トレンドを紹介、最新Bluetooth製品の展示も

1 Bluetooth Smartで第二の流行に

 
  • <<
  • <

1/5

Bluetooth SIG(Special Internet Group)は22日、都内で記者説明会を開催し、Bluetoothの最新動向について紹介した。会場では、Bluetooth SIGのメンバー企業各社による最新Bluetooth製品の展示も行われた。本稿で合わせて紹介する。

Bluetooth SIGは、Bluetoothの最新動向について紹介。メンバー企業の最新Bluetooth製品の展示も行われた

Bluetoothが普及した理由

説明会の冒頭、Bluetooth SIGグローバルインダストリー&ブランドマーケティングのエレット・クローター氏が登壇して、Bluetoothの最新トレンドなどを紹介した。Bluetooth SIGはメンバー企業で構成される団体。Bluetoothテクノロジーを世界中に広め、また開発をサポートする役割を担う。メンバー企業数は現在2万3,000社以上に上り、その1/3はアジア・太平洋地域の国々が占めている。アジア・太平洋地域の国々は成長率が急伸しており、この1年で30%増となった。

Bluetooth SIGのエレット・クローター氏(写真左)。アジア・太平洋地域の成長率が著しく伸びている。日本も中国に次ぐ伸び率を示している(写真右)

グローバルにおけるBluetoothデバイスの出荷台数は、2014年に30億台を突破。2018年には46億台の製品が出荷されると見込まれている。エレット氏は「ワイヤレス製品としては、歴史的にもっとも成長率が高い」と評価した。なぜここまで急成長できたのだろうか。同氏は、その要因のひとつとして2010年に導入された「Bluetooth Smart」技術の出現をあげる。「低消費電力のため、ひとつの電池だけで1年以上も使えるようになった。これで第2の流行の波がやってきた」と説明した。

グローバルにおけるBluetoothデバイスの出荷台数は、2018年には46億台が見込まれている(写真左)。Bluetooth Smartの出現により、第2の流行の波がやってきた(写真右)

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Bluetooth Smartで第二の流行に
(2) 今後は「ヘルス&ウェルネス」「スマートホーム」に注目
(3) ログバーの吉田CEOが登壇
(4) Bluetoothを利用した最新アクセサリ その1
(5) Bluetoothを利用した最新アクセサリ その2

人気記事

一覧

新着記事

そそられないポンコツ淫魔のちょいエロコメディ、ジャンプ+で
[20:41 7/26] ホビー
[映画興行成績]「ONE PIECE」最新作が初登場で首位 興収11.5億円の好スタート
[20:30 7/26] エンタメ
夫婦のLINE 第128回 甘っちょろい戯言は抜きだ
[20:30 7/26] ライフスタイル
タイガが逆壁ドンジャンプ!南十字明日菜が描く「キンプリ」出張版がザ花に
[20:07 7/26] ホビー
スマホからの「welq」利用者急増で631万人に - ニールセン
[20:03 7/26] 企業IT