【レポート】

黒目を強調するコンタクトレンズって本当にモテる? 顔の専門家に聞いてみた

黒目が大きいとモテる!?

現代女子のメイクでもっとも重視されるのがアイメイク。目を大きく見せるために世界一努力してるのが日本人女性です。さまざまな手法がある中、ここ10年くらいですっかり定着したのが、黒目が大きく見えるコンタクトレンズ。かわいく見せるためにやっている人がほとんどだけど、本当にモテるのでしょうか?

黒カラコンは、一瞬のモテには有効

人間は顔的な何かを無意識のうちに見る習性があります。たとえば「丸の中に黒い点が2つあるだけの図」を顔のように見ます。また、男性は種の保存の本能から「"パッと見がいい"女性」を選びます。

男性の立場からすると、黒目が大きいと「顔」と認識しやすく、黒目の比率が大きい顔は「パッと見、いい女」と判断するので、モテには有効なのです。

黒目が大きいとかわいい印象になる

黒目が大きいと「かわいい=幼い」印象を与えます。人間の赤ちゃんはもちろん、子犬や、実際は大人の小型犬など、黒目がちの顔をした存在には、男女問わず保護本能をかき立てられて「かわいい。守ってあげたい」という気持ちになります。

男性的には「若い≒幼い=かわいい」印象の女性を求めるのにプラスして、ここ数年は、子供の頃から漫画、ゲーム、アニメのキャラの顔を見てきた影響で、目が大きく、黒目部分が大きい女性を「美しい(魅力的)」に感じるようになっています。女性も同様で、アニメやお人形さんのような、くりくりした大きい瞳にかわいさを感じ、憧れるようになりました。

黒目が小さいと怖い印象になる

逆に黒目が小さくて白目ばかりの目は怖い印象になります。黒目の下側に白目が見えている"三白眼"はちょっと怖い印象になりますし、現実には滅多にいませんが黒目の上下左右が白い"四白眼"は不気味な印象になります。多くの宮本武蔵の肖像画がこの"四白眼"で描かれていて、幽霊の絵も"四白眼"のものが多いです。漫画でも『北斗の拳』のモヒカンに代表されるように、悪役は怖く見せるために“四白眼”で描くのが基本のようになっています。

"エイリアン顔"に注意

このように、黒目が大きい顔は、一瞬のモテには有効ですが、その後もモテるかと言うとそうとは限りません。あまりにも黒目が大きいと子供の顔や二次元の世界の顔みたいになって、女性的な魅力とはかけ離れてしまい、特殊な趣味の男性にしかモテなくなってしまいます。

黒目が大きい女性を遠目で見て「ハッ、かわいい!」と思って近づいて見ると、不自然過ぎて落胆する男性が多いです。あまりにも黒目が大きいとバランスが悪くなり、"ドール顔"を超えて"エイリアン顔"になってしまいます。黒目ばかりの感情のない不気味な顔に映って、逆に怖い印象になります。人間味を失わないようにくれぐれも注意してくださいね。

<著者プロフィール>
池袋 絵意知(いけぶくろ・えいち)
観相家、顔研究家、顔面評論家。出版社と人材総合サービスで営業を経験した後、顔研究の道に。古来からの観相学だけでなく、自然人類学や心理学の研究を取り入れるなど多角的な方面から顔を研究し、独自の顔面観相術「ふくろう流観相学」を確立する。著書に『顔面仕事術』『最強モテ顔講座』など。 顔相鑑定士&顔研究家&顔面評論家:池袋絵意知 公式ブログ
http://blog.ikebukuroh.com/

人気記事

一覧

2017年9月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事