【レビュー】

「2014年夏ドラマ」20作を初回視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ

 

全20作品がそろった2014年の夏ドラマ。今回もドラマ評論家の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていきます。

別記事(大ヒット『HERO』と双璧の注目ドラマを発見! ドラマ評論家・木村隆志が2014年夏ドラマの傾向を徹底分析)において、夏ドラマの主な傾向を、[1]続編モノの明暗がくっきり [2]"おっさん旋風"再び [3]フジは"熱さ"の一点勝負 [4]ドラマ界のレジェンドが集合 の4つと分析。オススメドラマを第1位『アオイホノオ』、第2位『HERO』、第3位 『おやじの背中』、第4位『家族狩り』、第5位『若者たち2014』と発表しました。

本記事では、それらの作品を含む、今クール全作品のひと言コメントと採点(3点満点)を紹介していきます。

『HERO』でヒロイン役を演じる北川景子

『ペテロの葬列』(TBS系月曜20:00~)

出演者:小泉孝太郎、長谷川京子、国仲涼子ほか
寸評:同枠ではひさびさとなるシリーズ第2弾にトライ。今回も小泉は事件に巻き込まれ、毒の連鎖を体感する受け身型の主人公を好演。前回の事件を経て少しだけ成長している姿を見せている。初回の長塚京三によるバスジャックは見ごたえがあり、今後の殺人事件、巨大詐欺事件へつながる展開にも期待が持てそう。室井滋の壊れぶりも注目。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

『HERO』(フジテレビ系月曜21:00~)

出演者:木村拓哉、北川景子、杉本哲太ほか
寸評:背水のフジと木村拓哉が勝負に出た第2弾。久利生のキャラや演出はそのままで、前作のファンをガッチリ。さらにキャストの大半を一新することで、新たな魅力を引き出した。元ヤンの北川、孤独な毒舌の吉田羊、キレ小心者の松重豊など、いずれもキャラが立っている。テンポもよく、小ネタも楽しく、事件解決のカタルシスと抜け目なし。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『あすなろ三三七拍子』(フジテレビ系火曜21:00~)

出演者:柳葉敏郎、剛力彩芽、風間俊介ほか
寸評:「なぜ今、応援団?」「ギバちゃんが主演?」と思うことなかれ。熱いおじさんと今どきのクールな若者の化学反応を描いた意欲作。声を枯らしてエールを送る姿は、カッコよさと痛々しさの紙一重だが、迫真の演技は一見の価値アリ。見どころは、剛力、風間、高畑充希の若手3人がどう絡み、打ち解けるか。『GTO』の前に反町登場は意味深。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『GTO』(フジテレビ系火曜22:00~)

出演者:AKIRA、比嘉愛未、黒木瞳ほか
寸評:AKIRAの鬼塚は定着したが、お説教の言葉や展開にも慣れてしまった。また、学園ドラマがめっきり減った分、スター候補生が大集合。フレッシュで才能豊かな生徒たちに囲まれて、鬼塚があまり目立たないのが気がかりだ。それだけに期待したいのは、鬼塚の過去を絡めたストーリー。松浦雅らの制服姿を目当てに見る人はいるはず。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『東京スカーレット~警視庁NS係』(TBS系火曜22:00~)

出演者:水川あさみ、生瀬勝久、キムラ緑子ほか
寸評:女性の目線から描いた刑事ドラマであり、その主演として好感度・共感度の高い水川はピッタリ。刑事なのに結婚詐欺師に遭い、同僚刑事にダマされ、駐在さんに叱られる。そんな残念女キャラは今回も健在で、最後の「アホンダラ~」と泣き叫ぶ姿が人気の秘けつか。朝ドラでブレイクしたキムラ緑子が生き生きとした演技で脇を固めている。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系水曜21:00~)

出演者:渡瀬恒彦、井ノ原快彦、羽田美智子ほか
寸評:ついにドラマ名と同じ第9シリーズに到達。刑事たちのやり取りや、事件の質などは、「いつも通りだな」と思いつつ、安泰と思われた井ノ原と中越典子が破局した。羽田と津田寛治も含め、恋愛モードを入れたのは飽きられない工夫か。それとも「それ以外は何も変える必要がない」という意思表示か。何の問題もないが、それ以上でもない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ST 赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ系水曜22:00~)

出演者:藤原竜也、岡田将生、志田未来ほか
寸評:本格派と思いきや、振り切った異色の刑事モノ。STメンバーの変人ぶりは、深夜番組かマンガのノリで、それを楽しんで見られるか、集中できないか、好みが分かれそう。藤原と岡田のコンビは線が細いし、志田は中学生にしか見えないミニサイズだが、割り切ればコミカルな仕草はハマる。ただ、肝心の事件にひねりが見られないのはつらい。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

『若者たち2014』(フジテレビ系水曜22:00~)

出演者:妻夫木聡、瑛太、満島ひかりほか
寸評:演出に杉田成道を迎えた影響か、原作をリスペクトしすぎたのか、キャラの性格、背景、セリフに至るまで昭和の空気がプンプン。それでも、ズラリそろえた主演級の演技派俳優たちは、小劇場のような熱気で演じているし、武藤将吾の脚本は最後に感動させてくれる。昭和生まれの人にこそオススメな作品だけに、タイトルを間違えたか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『信長のシェフ』(テレビ朝日系木曜20:00~)

出演者:玉森裕太、及川光博、志田未来ほか
寸評:裏番組の時代劇ファンを狙ったのか、突然の枠移動。しかし、ファンタジー要素が強く、キャストが若く、衣裳や美術で劣るだけに、視聴率では大苦戦している。及川の信長はアリとしても、ゴリの秀吉、カンニング竹山の家康は受け入れにくいのか……その点では信玄を演じる高嶋政伸には期待できそう。ぜひ本能寺の変まで描いて欲しい。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『吉原裏同心』(NHK木曜20:00~)

出演者:小出恵介、貫地谷しほり、近藤正臣ほか
寸評:若手俳優を起用した時代劇がすっかり定着。今回は小出が荒々しい新境地を、貫地谷がいつも通りの落ち着いた演技で、ファンの期待に応えている。小出の役柄が「用心棒にスカウトされた剣豪」というだけあり、殺陣もそれなりのものに。吉原の華やかさと闇の深さを描いた物語は味があり、奥菜恵、富田靖子、黒谷友香らの遊女姿も見物。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『同窓生~人は、三度、恋をする』(TBS系木曜21:00~)

出演者:井浦新、稲森いずみ、板谷由夏ほか
寸評:今や大人の恋愛ドラマは、新鮮さすら感じる貴重なコンテンツ。柴門ふみ原作らしく、リアルとイメージのギリギリをつむいだストーリーに、心を動かされる同世代女性は多そう。初主演の井浦は、淡々と、でも噛みしめるような演技が光る。松岡昌宏や松本利夫の単調な演技が気になるかもしれないが、切なさを感じる連ドラらしい作品。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ゼロの真実~監察医・松本真央』(テレビ朝日系木曜21:00~)

出演者:武井咲、佐々木蔵之介、真矢みきほか
寸評:「3年飛び級で知能指数150の天才」で逆立ちを繰り返す武井に目がいきがちだが、何気に周りが豪華。真矢、佐々木、生瀬勝久、尾美としのり、六角精児、でんでん、和田正人ら実力派をそろえて徹底サポートしている。目立つのは、「女々しい男たちと強くデキる女たち」の構図。映像のトーンは低め安定で、抑えの効いた美しさがあった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『昼顔~平日午後3時の恋人たち』(フジテレビ系木曜22:00~)

出演者:上戸彩、吉瀬美智子、斎藤工ほか
寸評:「普通の主婦が夫に隠れて不倫に走る」という設定だけに、上戸がどれだけズル賢く、艶っぽく演じられるかが鍵となる。初回は「不倫なんて最低」と吐き捨てるだけの前フリだけだったが、展開がモタつくと飽きられる危険性も。キレイごとやドロドロより、スリルや背徳感で盛り上がれば口コミが増えそう。「最後に待ち受ける罰」にも注目。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告』(テレビ東京系金曜20:00~)

出演者:寺脇康文、相武紗季、伊東四朗ほか
寸評:「死人に口なし、なんて、ない」というコピーの通り、愛情や無念など人生最後の想いを伝えるためのドラマ。「死体にしか興味がない」変人監察医の寺脇と、能天気な見習いの相武のコンビは既視感が強いが、同枠の視聴者層にはほどよいさじ加減かも。同じ監察医モノの『ゼロの真実』と比べると、脚本・演出ともに物足りなさを感じる。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『家族狩り』(TBS系金曜22:00~)

出演者:松雪泰子、伊藤淳史、遠藤憲一ほか
寸評:人間の哀しさ、苦しさ、狂気などの重いテーマに、ユーモアや映像美を絡めることで、バランスを保った大人向けの作品。3つの家族劇とミステリーが同時進行するため、先が読めない楽しさがあり、全てがリンクする終盤は怒とうの展開がありそう。日テレのジブリ映画攻勢で状況は厳しいが、この手の作品に挑戦し続ける同枠を称えたい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『匿名探偵』(テレビ朝日系金曜23:15~)

出演者:高橋克典、片瀬那奈、柴俊夫ほか
寸評:前作よりも探偵らしいハードボイルドなカッコよさを追求。事件解決へのクオリティは上がったが、一方で遊び心やエロは失われつつある。今作は各回の事件だけでなく、「探偵の名前、年齢、過去がなぜ不明なのか?」も描かれるというだけに、意外性に期待したい。高橋は、いまだ『只野仁』との差別化で試行錯誤している様子が散見。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『アオイホノオ』(テレビ東京系金曜24:12~)

出演者:柳楽優弥、山本美月、安田顕ほか
寸評:監督・脚本を務める「深夜ドラマの帝王」福田雄一の熱量がハンパない。あだち充マンガの静止画からはじめたオープニングや、「コメディ初出演」である柳楽の熱演から、気合とこだわりが伝わってくる。『エヴァ』の庵野秀明、オタキング・岡田斗司夫ら実在人物とのやり取りも見どころのひとつ。舞台は80年代だけにカルチャーも楽しみ。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『金田一少年の事件簿N(neo)』(日本テレビ系土曜21:00~)

出演者:山田涼介、川口春奈、有岡大貴ほか
寸評:13年ぶりの連ドラだが、学園の枠組みや細かいトリックなどのコンセプトはほぼ同じ。ただ山田自身、「今までにないポップさがある」と語る通り、連続殺人事件の割に暗いムードはない。気がかりなのは、金田一の巨乳好きや犯人の動機など、取ってつけたような設定の多さ。山田の魅力は十分感じられるため、ファンは楽しめるはず。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『水球ヤンキース』(フジテレビ系土曜23:10~)

出演者:中島裕翔、山崎賢人、高木雄也ほか
寸評:水球版『WATER BOYS』に、ヤンキー要素と女性アイドルの水着をプラス。底抜けに熱くアホな高校生たちの姿は、真夏のドラマとしてバシッとはまった。脚本にひねりの必要がないジャンルだけに、単純に友情と勝利の物語を楽しめばいい。夏の終わりには、彼らの成長した姿が見られそうだが、女生徒たちのハイレグはやりすぎか。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『おやじの背中』(TBS系日曜21:00~)

出演者:田村正和、松たか子 ほか週代わり
寸評:登場人物は少なく、事件もほぼなく、結末も何となく予想できるのに、最後は泣けてしまう。そんな脚本と演出に応えるべく、名優たちが静かな熱演を見せる。まさに「あの『東芝日曜劇場』が戻ってきた」という印象。オムニバス作品だけに当たり外れはあるだろうが、それでも60分に凝縮された父子の心温まるやり取りは楽しめそうだ。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ評論家、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴する重度のウォッチャー。雑誌やウェブにコラムを提供するほか、取材歴1000人超のタレント専門インタビュアーでもある。著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「ポケモン」リザードンがS.H.Figuartsになって登場、"ちきゅうなげ"も再現
[19:26 7/26] ホビー
ハワイアン航空、羽田緊急着陸の経緯発表--機体はブレーキ交換を経て復帰
[19:16 7/26] 趣味
『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』、先行上映会のLV会場追加
[19:15 7/26] ホビー
昼休みにセキュリティ講座、カスペルスキーが働く女性向けに
[19:02 7/26] 企業IT
野菜ソムリエ100人が考えたトルティアチップスのレシピを公開 - 湖池屋
[19:02 7/26] ヘルスケア

本音ランキング