【レポート】

どんな男性もくいついてしまう「かわいい自虐」を使いこなせ!

ANNA  [2014/07/15]

こんにちは、恋愛研究者のANNAです。今回のコラムは「男性が思わずくいついてしまう話題(アピール)」についてお話しします。

私は個人経営の小さなお店からキャバクラ、そして高級クラブでもホステスをしてきましたが、驚いたことに、男性の年齢・収入・職業などが変わっても、男性が喜んで盛り上がる会話は共通していました。

男性は女性の「かわいい自虐ネタ」が大好き

それは、女性が「かわいい自虐ネタ」を話して、男性がうれしそうに食いつき、イジる、という会話です。では、男性が喜ぶ「イジらせポイント」にはどんなものがあるのか、例を挙げてみましょう。

・彼氏がいない、モテない、独身(休日やクリスマスも暇、さびしい、など)
・太っている(ぷよぷよしている、おなかが出ているなどを気にしている、など)
・胸がない、色気がない(「どうせ胸ないもん」「色気より食い気に走るよ」など)
・変な髪型、変な顔(「前髪切ったら金太郎って言われた」「どうせ、鼻低いですよ」など)
・お金がない、庶民(「貧乏で昨日からポッキーしか食べてない」「吉牛大好き」など)
・おバカ、天然(「あれ? 中国の首都って韓国だっけ? 」「為替って? カワセミ? 」など)
・オヤジ(家ではジャージで日本酒を飲むなど)、オバサン(「どっこいしょ」と言うなど)
・わがまま、自分勝手、ずうずうしい、性格が悪い、高飛車(「重ーい、持って」「私そっちがいい、とりかえて」「私、自分のことしか考えてないから♪」など)
・食い意地が張っている(とにかくたくさん食べる、「なに? おいしいもの? 行く行くー」など)
・ドジ、抜けている(よくつまづく、物を落とす、「これ? 料理をしてたら包丁で切っちゃった」など)


以上のような「イジらせポイント」は、まだまだ無数にありますよね。

「イジらせテク」の基本的な流れ

「イジらせテク」の基本的な流れは、「あなたが『かわいい自虐ネタ』を振る」→「男性が笑ってイジる」→「あなたが怒る」です。3つ目はあなたが怒って言い返すのが基本ですが、照れ笑いする、しょぼんとするなどの場合もあります。

「イジらせポイント」をちゃんと用意している女性、「イジらせる」のが上手な女性は、男性と仲良くなるのがうまく、モテます。そして、「イジらせポイント」が固定すると、次回からも同じ流れのバリエーションで楽しく会話ができるので楽なのです。

男性が女性をイジったりツッコんだりするとき、心からバカにしているのではありません。このように隙をつくってくれる女性のことを、本当は賢いとわかっています。

あなたが女性なら、こんなわざとらしい会話は「寒い」と思うかもしれませんが、男性は「かわいいなあ」「助けてあげたい」「俺でもいけるかも……」と、彼女に親しみがわき、好感を持つのです。

逆を考えてみてください。かわいいのでモテる、クリスマスは異業種交流会、ダイエットは順調、お金もあって、料理上手で失敗もない、寂しくもないし、しっかり者、いつも人生が充実している! こんなことを表明している女性を相手にして、いったいどこに彼の出る幕があるのでしょう。

「イジらせる」際の注意点

ここで注意してほしいのは、イジらせるためのかわいいい自虐ネタが有効だということです。相手に「イジらせる」際に気をつけたいポイントをあげておきます。

・「イジらせポイント」は、会話の流れ(例えば質問に対する返事などの形)で自然に出てくることが望ましい。
・病気・家族関係・金銭・トラウマ(心的外傷)などの深刻な悩み、本当のわがままや非常識、シャレにならないほどの欠点など、男性が笑ってイジれない、ツッコめないことをネタにしない。
・あまりにも豪快に自虐に走りすぎて、女を忘れない。
・あなた自身が笑いにできる精神的余裕があるネタにする。
・「自己中、わがままネタ」は少しむずかしいので、ある程度「かわいい自虐ネタ」を使いこなせるようになってから挑戦する。


ギャップを効果的に演出しよう

また、ギャップを演出することは非常に効果的です。あなたがかわいい、美人なら「性格が悪いネタ」よりも「モテないネタ」「色気がないネタ」「変な顔ネタ」のほうがギャップがあり、男性も喜び、安心します。

あなたが高学歴、高収入などステータスが高い場合は「おバカさんネタ」、あなたがしっかりしていて隙がないと思われているなら「ドジネタ」、あなたが上品そう、お金がかかりそう、プライドが高そうと思われていたら、「食いしん坊ネタ」「オヤジネタ」「庶民ネタ」というように、相手が思っているあなたのイメージと正反対の「かわいい自虐ネタ」が最強です。

うまく「かわいい自虐ネタ」を使ってカレを食いつかせてみてくださいね♪

※画像は本文と関係ありません


<著者プロフィール>
ANNA
恋愛研究者。学生時代より都内のキャバクラ、六本木、銀座の有名クラブなどでホステスとして活躍。また合コン、お見合いパーティー、ホストクラブなどで実習に励み、合計約5000人の男性と会話した経験を持つ。著書に『大好きな人が振り向いてくれる本』『大好きな人がどんどん好きになってくれる本』(以上、大和出版)、『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法』(すばる舎)など。ブログ「愛し体質は、愛され体質

特別企画 PR

人気記事

一覧

2016年5月28日の運勢

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR