【レポート】

興味がなくなるとカレを放ったらかしにする女性の特徴とは - iPhoneホーム画面プロファイリング恋愛術

iPhoneのホーム画面は、そのひとじしんを映しだす"鏡"です。なにが好きなのか、なにを気にしているのかみてとれますし、そのひとの性格までみえてくることもあります。ここでは、女子のiPhoneのホーム画面から、化粧などの外見や男女の恋愛に関する心理に詳しい心理学者であり、大学教員の平松隆円氏が、持ち主の性格や心理、行動をプロファイリングします。本稿を参考にすれば、ホーム画面さえみることができれば、その女子の口説き方までわかるかも!? 今回はAさん23歳のホーム画面です。

Aさん

1枚目

2枚目

3枚目

プロファイリングと解説

さて、今回の女性はホーム画面が3枚です。まず驚くのは壁紙のビビッドさ。風景やペットの写真などではなく、幾何学模様のなにげないデザインではあるものの、主張の強い色味です。なので、「自己主張の強いタイプ」かな、という印象を受けます。ですが、アプリに目をやると、「流行や周囲の目を気にするタイプ」ということが見えてきます。

まずは1枚目のホーム画面から。午後4時頃の画像ですが、未読のメッセージやメールがありません。返信しているかどうかは別として、「マメなタイプ」なのでしょう。しかし、その割に、使用頻度が低いと思われるアプリがまとめられている「Apple」や「SNS」というフォルダには、未確認を示すバッジがついています。おそらく、興味のあることに対してはマメであるものの、そうでなければ放ったらかしなんでしょうね。この女性、興味のある男性や付き合ってラブラブなときは、尽くしてくれそうですが、ラブラブ度が下がると比例して放ったらかしにしてしまいそうです。それはある意味、2人の関係を知るいい目安になるかもしれません。

バッジのついたものと、ついていないものではっきり分かれている

2枚目のホーム画面を見てみましょう。「Lyrica」という自動で歌詞が表示される音楽プレーヤー、ファッションコーディネートと天気が同時にわかる「おしゃれ天気」というアプリがダウンロードされています。音楽を聴きながら歌詞をみるということは、カラオケの練習でもしているのでしょうか。この2つのアプリだけでも、流行や周囲からの自分のみられ方が気になるタイプというのがわかります。そして、オンラインダーツマシンのプレイデータを確認できるアプリがあるので、この女性はダーツを本格的にやるのでしょう。ダーツを口実にデートに誘うのも良さそうですが、事前にダーツの練習をしてから誘った方が良さそうです。

この女性を口説くにはダーツの練習が必須!?

3枚目のホーム画面では、情報系アプリの多さが目を引きます。10個のアプリのうち、実に9つが情報系アプリです。ホーム画面2枚目の「MT2」を入れれば10個です。空き時間の暇つぶしのためか、仕事上で情報収集が必要なのかわかりません。ですが、いずれにしても最新の情報に詳しいのは間違いないでしょう。

仕事の都合からなのか、ニュースアプリが実に多い

男性としては知っている情報を女性に披露したい衝動にかられますが、「もう知ってるよ」ということでウザがられるだけかも。この女性よりも情報収集をするか、共感を示すことが必要でしょう。

*  *  *

Aさん「ダーツの上手い男性にはハートも射抜かれます」

以上のプロファイリング結果をAさんに報告すると、「いろいろ思い当たるフシがあって戸惑っています」と苦笑い。特に、“興味があることと無いことの差が激しい”ということについては、「これは完全にそうです。飽きっぽいのかな。興味なくなるとカレのこともほったらかしにしちゃいます」と大胆発言をしていた。

しかし、“カラオケ好き”と分析されたことについては、「あ、これは真逆です。私カラオケ大嫌いなんですよね」と一言。ただ、“ダーツ”に関しては「ダーツに誘ってくれたら行っちゃいますね。しかも上手い男性なら、より魅力的ですよ。ブル(的の真ん中)と一緒に私のハートも射抜かれちゃいます」と照れていた。

平松隆円…化粧心理学者/大学教員
1980年滋賀県生まれ。2008年世界でも類をみない化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。京都大学研究員、国際日本文化研究センター講師、チュラロンコーン大学講師などを歴任。専門は、化粧心理学や化粧文化論など。魅力や男女の恋ゴコロに関する心理にも詳しい。現在は、生活の拠点をバンコクに移し、日本と往復しながら、大学の講義のみならず、テレビ、雑誌、講演会などの仕事を行う。主著は『化粧にみる日本文化』『黒髪と美女の日本史』『邪推するよそおい』など。

人気記事

一覧

新着記事