【ハウツー】

iPhoneのカメラでアプリを使わずにシャッター音を消す方法

iPhoneのカメラで写真を撮影する際、時や場所によっては、シャッター音が気になる場合がある。そのため、シャッター音を小さくしたり、無音にするアプリも多くリリースされている。本稿では、そうしたアプリを使わずにシャッター音を消す方法を紹介する。

なお、以下の解説ではiPhone 5s上での変更方法を紹介する。

ビデオ機能を使って静止画を撮影

まずは、iPhoneにプリインストールされている「カメラ」を起動。このまま普通に撮影すると、「カシャッ」というシャッター音が鳴ってしまう。

「カメラ」を起動

そこで、シャッターボタンのすぐ上にある「写真」という項目を「ビデオ」までスライドさせ、「ビデオ」機能を立ち上げる。

シャッターボタンの上をスライドさせ「ビデオ」機能に

そして、普通に「ビデオ」で撮影を開始する。(この時ピコンという「ビデオ」のシャッター音が鳴ってしまうが、「カメラ」のシャッター音に比べたら小さいので、スピーカーを押さえれば相当聞こえにくくなる)すると、左下に白い丸のアイコンが表示されるので、これをタップ。特に反応はないが、確実に静止画を撮影できている。

左下の丸をタップ

ちなみに、「ビデオ」での静止画は、「カメラ」と違い全画面を使っての撮影となるため、サイズが大きくなる

左が「カメラ」、右が「ビデオ」。筆者の描いたマイナビベアくんが全画面に

なお、この方法は、マナーを考えたときにシャッター音を鳴らさない方がよい場合、参考にしてほしいものであり、盗撮や禁止場所での撮影を手助けするために紹介したものでは決してない。シャッター音が鳴っても鳴らなくても、迷惑に当たる撮影は絶対にしてはならない。

人気記事

一覧

新着記事