【ハウツー】

iPhoneが無反応になりました。スリープボタン長押しでもダメです! - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneが無反応になりました。スリープボタン長押しでもダメです!」という質問に答えます。

***

アプリやシステムに潜む不具合などにより、iPhoneが予想外の動作をすることがあります。画面をタッチしてもホームボタンを押しても反応がない、なにをしても画面が暗いまま……そんなときは、iPhoneのシステムを再起動することがオーソドックスな対処法です。

システムの再起動は、本体右上にあるスリープボタンを長押しして開始します。スリープボタンを3秒ほど押し続けると、画面上部に「スライドで電源オフ」と書かれたバーが現れるので、それを右方向へスライドしてみましょう。画面中央に回転する歯車が現れ、そのまま放置するとしばらくしてシステムの再起動が完了します。

システムを再起動すると、iOSの重要なプログラムおよびサービス(つねに動作して各種機能を提供するプログラム)が初期状態に戻るので、システムに生じた不具合は多くの場合解消されます。少々語弊はありますが、ゲーム機や家電製品で「リセットボタンを押す」ことを連想するとわかりやすいかもしれません。

しかし、スリープボタンを押しても反応しない、システム再起動が始まらないというケースもあります。そのような操作不能の状態(フリーズ)に陥った場合は、システム再起動以上に強い効果がある「強制リセット」を試しましょう。

強制リセットは、ホームボタンとスリープボタンを同時に10秒ほど押し続けることで実行できます。これでシステムが強制終了され、そのあとAppleマークが表示されるとシステム(iOS)の起動が始まり、さらに数十秒待てば操作可能な状態になります。

ただし、スリープボタン長押しが「リセットボタンを押す」こと相当だとすると、強制リセットは「いきなり電源ボタンを押す」ことに相当し、正しいアプリ/システムの終了手続きは行われません。作業中だったアプリのデータが消えるなどの問題が生じることもあるため、できるだけ利用は控えましょう。

iPhoneがフリーズして「スリープボタン長押し」すらできなくなった場合には、強制リセットを試してみましょう

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー